俗にまみれる


 

 「インターステラー」という映画があります。

 地球が環境破壊や飢饉などで危機にある中で、他の居住可能な惑星を探しに行くというものです。
 並行して父と娘の物語もサブテーマとして織り交ぜられている、映像もリアルで美しく、SFの傑作といってよいかと思います。

 その中で、主人公が他の惑星へと探索に行きます。巨大な津波が襲ってくる惑星など様々な星があるのですが、その場面を見ながら、「映画では大丈夫だろうけど、もし実際に他の惑星に行ったら数分くらいで細菌やウイルスにかかって死んでしまうんだろうな」とふと考えていまいた。

 

 歴史でも、僅かな人数のスペイン人の侵略者に対して、アステカ王国とインカ帝国の何万もの兵士はバタバタと倒れて、亡くなってしまいました。
 天然痘のためだと言われています。スペイン人が進んでいくだけで文字通り現地の兵隊は倒れていったようですから恐ろしいものです。

 私たちも外国に旅行するとお腹を壊したりすることがありますが、それを指して「水が合わない」といったりします。

 同じ地球でもこのような感じですから、他の惑星になると、外気に数分さらされるだけでも血を吐いて倒れてしまうかもしれません。
(瞬時にワクチンができるような科学ができれば別ですけども。)

 

 
 私たちは、この地球に生まれてきた当初、、赤ちゃんの頃は母親からもらった免疫のバリアで守られています。当初はほとんど風邪などにはかかりません。

 でもだんだんそれも薄れていき、膨大な種類の細菌やウイルスに徐々にさらされることで免疫がトレーニングされていきます。

 接する機会が希少でかつリスクが高いなものについては予防接種によって免疫を獲得します。

 

 子どもは、土を触ったり、汚い手を口に持っていったりすることでも免疫がついてくる。

 もちろん、風邪をひいたり、お腹を壊したりすることはありますが、それは必要なプロセスだったりします。

 最近、新型コロナ対策で心配されているのが、アルコール除菌などが徹底されることで、子どもたちが過度に清潔な環境におかれすぎないか、ということです。

 新型コロナへの感染リスクは減りますが、まわりまわって、免疫力がつかず他の病気にかかりやすくなったりするのではないか、との懸念があるそうです。

 

 実際に今回の新型コロナでの「ファクターX」とは、東アジアでは古くから蔓延していた風邪(従来型コロナ)による交差免疫のためではないか?とされます。
 欧米など他の地域ではインフルエンザはありますが、風邪は少なかったそうです。

 それに訓練されていることでアジア人は幸いにも感染者数や死者数が少なく抑えられているのでは、と考えられています。

 

 有名なH・G・ウェルズの「宇宙戦争」で地球に侵略してきた宇宙人も最後、細菌でやられてしまうのは有名なエピソードです。

 宇宙人たちもワクチンを打ったり、免疫をトレーニングしていれば、地球を征服できたかもしれませんね。
 

 私たちも、よく対人関係とかストレスに対する抵抗力を指して「免疫」とか「ワクチン」と表現したりします。
 そんなことをタイトルに冠した本も出版されていたりします。

 
 人からの言葉に傷つかない、とか、世の中で受けるストレスから身を守りながら生きるためには、どうやら、適切なプロセスで免疫を獲得し、それが機能することは必要だろうと思います。

 「宇宙戦争」の宇宙人やインカ帝国の人々みたいに死んでしまうわけには行きませんから。
 

 

 では、傷つきやすい私たちは平均よりも免疫がないのか?というとそれは違います。
 

 トラウマを負った状態というのは、免疫がないというよりは、獲得した免疫をオーガナイズすることができていない状態と考えられます。

 トラウマを負っているというのはむしろ他の人よりも厳しい状態を生きてきたということ。
 強い細菌やウイルス(≒ストレス)を浴びてきた、ということです。
 逆説的ですが、トラウマを負っている人は傷つきやすいが、打たれ強かったりします。

 
 だから、免疫はあります。しかし、それが発揮されるようにするためには全体を管理する機能が必要になります。

 特に、日常の人間関係からのストレスとは、長くじわじわかかるもの。
 ですから、日常においては免疫も強ければよいのではなく、調和して発揮される世界です。

 しかし、トラウマによって免疫の司令塔となる機能が混乱しているためにサイトカインストームのように過剰に働きすぎたり、反対に働かなかったりすることになります。

 そうすると、日常の微細なストレスにやられてしまう。

 

 日常のストレスに対する免疫は、自分のIDでログインして「俗にまみれて」はじめてオーガナイズされる。

「俗(ぞく)」というのはそうしたオーガナイズ機能をスイッチONにしてくれる。

(参考)→「自分を出したほうが他人に干渉されないメカニズム

 

 免疫がうまく機能しないために、日常のストレス、特に対人関係のストレスではすごく痛い目を見るように傷ついてしまう。
 

 そして、痛い目にあいたくないために自分を解離(ログアウト)させて無菌、減菌状態に置こうとしてきた。

(参考)→「自分のIDでログインしてないスマートフォン

 もともとログインできていない → 免疫が機能しない → 傷つく → さらにログインを避ける → 機能しない →・・・

 という悪循環です。

 結果、いつまでたっても「人生が始まらない」「始まる感じがしない」。

 

 周りの人とペースが合わず、世の中にも馴染めず、いつのまにか、自分のことをまさに「宇宙人」のように感じてしまうようになります。

(参考)→「トラウマ的環境によって、裏ルールを身に着けるための足場を失ってしまう

 

 トラウマを負っていると、どうしても、「俗にまみれたくない」「汚れたくない」(≒ログインしたくない)っていう気持ち、怖さがあります。

 この怖いからログインできない、ログインできないから免疫が機能しない、よけいに怖いとかんじる(ログインして免疫が機能すれば全然怖くないのに)、この悪循環にさらされている方はとても多いです。これがログインできない大きな要因の一つとなっています。

 

 

 

●よろしければ、こちらもご覧ください。

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター公式ホームページ

お悩みの原因や解決方法について


“俗にまみれる” への1件の返信

コメントは受け付けていません。