ローカルルールには、「私」がなく、「私」が苦手

 

 前回までの記事で見ましたように、
(参考)→「自分を出したほうが他人に干渉されないメカニズム」  

 「私」というものを曖昧にすると、他者から干渉されやすくなります。
 人間は社会的な動物ですから、権利の所在が明確なものには干渉することはとても難しく、反対に、所在が曖昧だと、干渉されても抵抗することはなかなかできません。

 そして、「私」を曖昧にすることはローカルルールのありようと似たものになります。

 

 ローカルルールとは、私的情動であるにも関わらず、それが一般的なルール、常識だと騙るということです。

 「私」というものの存在を後ろに隠すことで、社会の中で他者に対する影響力(支配)を持たせようとしているのです。
 
 あたかも生命体かどうかも定かではないウイルスが他の生命体への感染力をもつのと似ています。

(参考)→「ローカルルールとは何か?」 

 

 

 ローカルルールは、他者の「私」も消そうとします。

 

 ローカルルールの影響から自分を守ろうとする側も、いつの間にかローカルルールと同じ構造をもつようになってしまうのです。

 

 ローカルルール:     私的情動を隠す  +  ニセの常識、ルールでコーティング

 
 恐れからくる回避・防衛: 私を隠す     +  常識や一般的なルールで防御線を張る

 つまり、わたしたちが無意識に行う回避・防衛もローカルルールに影響された営みである、ということです。

 現実には足場のない、所在の怪しい一般的なルールや常識についての問題になっていますから、権利の所在が曖昧になり、他者から干渉されやすくなります。

 

 おもしろいことに、
 実態としては、単なる私的情動でしかないローカルルールには主体性、「私」というものがありません。

(参考)→「ローカルルールは自分のことは語れない。

 

 一方、公的環境において、自他の区別が明確な言動には、「私」があります。

(参考)→「“自分の”感情から始めると「自他の区別」がついてくる

 

 「私」を隠せば隠すほど、ローカルルールとは噛み合わせがよくなり、支配されやすくなります。
 
 反対に、「私」を明示すればするほどに、「私」のない状況を利用しているローカルルールにとっては、都合が悪いのです。
 

 トラウマを負っていると、自分が社会、周囲から受け入れてもらうためには、自分を抑えて殺して、周りに合わせなければいけない、と思っていますが、それは全くの逆だ、ということです。

(参考)→「ニセ成熟(迂回ルート)としての”願望”

 

 

 公的環境とは、健全な愛着を土台に、自他の区別をつけた「私」によって生み出されるものです。

 「私」の範囲、程度がわかっていますから、そこには、無理もないし、わきまえがあり、他者への干渉もない。

 
 反対に、私的領域は、「私的」とついていますが「私」はありません。範囲や程度がわからず、わきまえもなく、帝国のように他者に干渉しないと、生きていくことができません。

 
 ハラスメントを防ぐ公的環境とは、「私」を明示することから生まれてくる、ということを頭においておくだけでも自分を取り巻く環境は変わってきます。
 
 

 

(参考)→「ローカルルールとは何か?」 

 

 

 

●よろしければ、こちらもご覧ください。

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター公式ホームページ

お悩みの原因や解決方法について

自分を出したほうが他人に干渉されないメカニズム

 

 所有(私は~)を宣言したほうが、恐れに反して、干渉は止まる、と前回の記事でお伝えしました。

(参考)→「自分のもの(私が~)と言えないから、他人に干渉される。

 

 ここでさらに疑問がわきます。

 あくまで上のはたとえ話として展開した話ですが、実際の場面で、自分の持ち物を「センスが悪い」だとか言われて嫌な思いをしたことがある、と。

 

 「わたしの」ということで本当に干渉されにくくなるのか?

 そのことについて続けて考えてみたいと思います。

 

前回の記事で見たように、

 「その派手なエンピツ誰の?」と尋ねられて、

 「わたしのです」と答えると、

 ↑相手との距離感にもよりますが、普通はここで止まります。
 

 

  ただし、相手が踏み込んできたとします。
 

 「なんか趣味が悪いんじゃない?」

 「そう、わたしは気に入っているの」

 「そうなんだ・・」

 で終わります。

 

 趣味が悪いと考えるのは、「相手の考え」です。

 気に入っているとか、それを選んだのは、「わたしの考え」です。

 所有権がはっきりしているので、それ以上は突っ込めなくなってくるのです。

 

 その上で「いじってくること」はあります。
これは、互いに所有権はわかった上で、「戯れ」ている、じゃれあっているということです。

 

 一方、

 「なんか趣味が悪いんじゃない?」という際に

 恐れが湧いて
 「そう? 趣味悪いのかな~?」

 といった答え方をした場合はどうでしょうか?

 それは、「わたしの考え」を曖昧にしてしまっています。

 すると、話が「一般的なセンスやルール」の話にすり替わってしまいます。

もちろん「一般的」とはほんとうの意味での一般的ではなく、架空の一般です。

 だから、
 「一般的なセンスやルール」はどうか?という話になり、相手にも干渉する権利があるようになってしまい、一般的なセンスから見て、「趣味悪いよ~」とさらに、相手は干渉してくることになります。

 架空の常識を持ち出すのは、まさにローカルルールの構造そのものです。

(参考)→「ローカルルールは「(ニセの)人間一般」という概念を持ち出す

 

 

 権利の所在が明確なものには踏み込めませんが、おそれから権利を離してしまうと、誰のものかわからないのだから、あるいは一般のものだから「では、わたしのものでもあるのね」として踏み込まれてしまう。

 「わたしが~」「わたしの~」と堂々と主張している方が、結局は嫌な目には合いにくいのです。

 

 もちろん、それでも、不全感が強い人は、因縁をつけて巻き込もうとしてくる場合はあります。しかし、それは、干渉する権利がない状態で、なんとか巻き込もうとしているだけです。

 「わたしの~」ということを明確にしていると、「踏み込む筋合いがない」状態で因縁をつけていることは明らかですから、巻き込まれずにしばらくいれば、次第に相手は引き下がっていきます。人間は社会的な動物です。関与する筋合いのないものには優位性を持って関われないのです。

(参考)→「目の前の人に因縁をつけたくなる理由

 

 

 

 もともと、「私の~」と主張することに恐れを抱いている場合はなぜか?といえば、それは、機能不全で私的領域のままの家庭環境で、親が子どもを支配しようとしたり、尊重しない環境、ストレスの高い環境などにいたから。

 私的領域の中でやり取りして、相手から干渉されることが当たり前になってしまっている。そこで恐れが条件付けられてしまった。
(参考)→「個人の部屋(私的領域)に上がるようなおかしなコミュニケーション」  

 

 自分の考えを放棄しても、社会で生きていく上では考えや価値観が必要になります。いつの間にか、親などの他者の考え、価値観を自分のものとして、頭を乗っ取られるようになってしまいます。

 他人を乗っ取るような価値観というのは、単なる個人の私的情動であるにも関わらず、あたかも常識であることように振る舞っています。

 

 

 真に受けるといつの間にか自分もローカルルールを代表するようになり、他者の干渉も受けやすくなります。

 「あなたが主張していることは“一般的なルール”と言いたいわけね?
  あなたのものではない一般的なルールなんだから、私が口を出してなにが悪いわけ?」

 「あなたはそれを誰にでも当てはまる“常識”といいいたいのでしょう? 私にも影響するから、おかしなところについては反論させてもらうよ」

 というわけです。

 

 批判されないように、一般的な常識(実はローカルルールなのですが)を持ち出していると、結局は干渉されやすくなります。

(参考)→自分の意見ではなくて、世の中こうあるべきという観点でしか意見や不満がいえない。

 

 「自分の考え」で話をしている方が、相手は干渉しにくい。なぜなら、その人のものだから。

 なぜか自分だけが、他者から批判されやすかったり、なぜか人から賛同されない、文句を言われて嫌な目に会いやすい、ということの裏にはこうしたメカニズムがあると考えられます。

 反対に、ワガママに自分の考えを言っている人が、なぜ人から受け入れられているのか?かも同様の背景からだと考えられるのです。

(参考)→「“自分の”感情から始めると「自他の区別」がついてくる

 

 

 

(参考)→「ローカルルールとは何か?」 

 

 

 

●よろしければ、こちらもご覧ください。

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター公式ホームページ

お悩みの原因や解決方法について

自分のもの(私が~)と言えないから、他人に干渉される。

 

 以前の記事でも触れましたが、「私が~」と、自己開示したほうが、相手には干渉されにくくなる。反対に、自己開示を避けてガードをしていると、干渉されてやすくなります。

(参考)→「“自分の”感情から始めると「自他の区別」がついてくる

 なぜでしょうか?

 

 自分を隠しているほうが、自分を守れる、と考えるのは当然のようにも見えます。でも、実際は逆です。

 

 例えば、ある人が、文房具を持っているとします。

 自分で買ったものです。他人からそれ誰の?と尋ねられたときに、取られたくないために、自分のものだと、ということを隠しています。
 

 相手が、「それ、あなたものなの?」ときくと、
 
 あなたは、「わたしのものではないの」とこたえます。

 相手は、「じゃあ、わたしがもらっていてもいい?」といいます。
 
 あなたは、「いや、それは困るの」

 相手は、「だって、あなたのものではないんだから、もらっていってもいいでしょ」といいます。

 あなたは、「まあ、そうだけど・・・」

 相手は、「じゃあ、2,3個もらっていくよ」
 
 あなた、「・・・・」

 と 自分のものと言わないために、干渉されても反論することができず持っていかれてしまいました。

(参考)→自分の意見ではなくて、世の中こうあるべきという観点でしか意見や不満がいえない。

 

 最初から、

 相手が、「それあなたものなの?」と聞かれて、
 
 あなたは、「わたしのものよ」と答えていれば
 
 相手は、「そうなんだ」

 で、終わっていたはずです。

 

 権利の所在はあなたにありますから、相手がその文房具に干渉する権利はもちろんありません。
 

 所有(私は~)を宣言したほうが、恐れに反して、干渉は止まるのです。

 

 
 人間は社会的な動物です。
 公的領域ではまともになり、私的領域ではおかしくなります。
(参考)→「関係」の基礎2~公私の区別があいまいになると人はおかしくなる

 

 自己開示や「私は~」ということは、自分の周りに公的領域を作り出す工夫でもあります。

 自分の考えや意見を言えないと、私的領域のままで、結局相手に干渉されてしまいます。

 自分は相手から干渉されやすくて、嫌な思いをしてきた、という場合、相手からの干渉を避けるようと、無意識に権利の所在をぼかしたり、曖昧にしてしまっている可能性があります。
 

 

(参考)→「ローカルルールとは何か?」 

 

 

●よろしければ、こちらもご覧ください。

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター公式ホームページ

お悩みの原因や解決方法について

無責任で本当に大丈夫? ~無責任かつ位置と役割があると人間は力を発揮できる

 

 私たちは、責任を引き受けなければならない、物事には責任が不可欠だ、と考えています。

 

 
 しかし、これまで見てきましたように、人間が主体的に動くためには、いったんすべての責任がチャラになることが必要になります。

(参考)→「主体性や自由とは“無”責任から生まれる。

 

 人間というのは、クラウド的な存在、社会的な動物であるために、何もしていなくても、いろいろな(ニセの)責任が他者から覆いかぶさってくるものです。
(参考)→「因縁は、あるのではなく、つけられるもの

 

 ただ、実は責任という概念は、ローカルルールと親和性がとても高い。際限なく広がり、人を支配するものでもあります。

 

 以前の記事でも書きましたが、私たち人間には、責任という概念は必要なく、「役割」さえあればいい。

 役割があれば、人間は機能するものです。

(参考)→「“責任”は不要~人間には「役割」があればいい。

 

 

 前回見た、マックス・ウェーバーの仮説も、責任という観点で言い直せば、そういうことではないかと思います。プロテスタントの場合は、予定説がその機能を果たしてくれていたわけです。

 神様がニセの責任をすべて引き取ってくれて、安全な環境でスポーツマンのようにのびのび自由と主体性を発揮できるわけです。

(参考)→「主体性や自由とは“無”責任から生まれる。

 

 

 
 その一方で、「本当に責任がなくていいの?」と不安もよぎります。

 お金を払ったのに食べ物が出てこない、
 家を頼んだのに作ってくれない、
 電化製品を買ったのに配達されない、では困ります。

 

 責任と、主体性とを改めてどのように考えればよいのでしょうか?

 ウェーバーだとか、小難しいカッコつけたような考えを持ってこなくても、わかりやすい例で見てみたいと思います。

 

 例えば、元首相の田中角栄のよく知られた逸話があります。

 田中角栄が大蔵大臣になったときの官僚たちへのスピーチで

「私が田中角栄であります。皆さんもご存じの通り、高等小学校卒業であります。皆さんは全国から集まった天下の秀才で、金融、財政の専門家ばかりだ。かく申す小生は素人ではありますが、トゲの多い門松をたくさんくぐってきており、いささか仕事のコツは知っているつもりであります。これから一緒に国家のために仕事をしていくことになりますが、お互いが信頼し合うことが大切だと思います。従って、今日ただ今から、大臣室の扉はいつでも開けておく。我と思わん者は、今年入省した若手諸君も遠慮なく大臣室に来てください。そして、何でも言ってほしい。上司の許可を取る必要はありません。できることはやる。できないことはやらない。しかし、すべての責任はこの田中角栄が背負う。以上!」

 

 自由にやってくれ、責任は私が取る。といって、官僚たちは心酔させた。
 官僚たちは田中角栄のために一生懸命働くようになった、という話です。

 

 
 私たちも、会社勤めなどをしていれば、やはり一番働きやすい環境というのは、上司なり、会社が責任をとってくれて、仕事を任せてくれる環境、ではないでしょうか。

 もちろん、自分に責任がないからといっていい加減に仕事をするなんてことにはなりません。 
   

 上司が、「責任は自分が取るから、思い切って頑張って」というとき、ニセの責任はフィルタされ、免責されてピュアな役割意識、信頼関係が残ることがわかります。

 そこには、自分が間違って評価されるとか、自分にはコントロールできない要因に左右されるという恐れがありません。

 
 ただ、純粋に誰かのために、といって頑張ることがどれほど、力になることか。

 仕事のプレッシャーに押しつぶされそうなときは、実は、純粋にプレッシャーを感じていると言うよりは、不安定な愛着ゆえにニセの責任をフィルタしきれずに、誰かに評価されるのでは?見捨てられるのでは?という感覚(ニセの責任)に苛まされている時です。

 

 私たち人間社会はニセの責任が多すぎます。

 例えば、仕事の責任も、「本当の責任」ではなく、単に上司や経営者の「不安」「不全感」を周りにぶつけているだけ、それに周囲が感染しているだけかもしれない。

 

 
 プレッシャーに押しつぶされそうな閾値を超えると、腹がくくれて、仕事に集中できるときがまれにあります。その時は、ニセの責任の幻想が破れて、純粋に役割意識に目が向いたとき、なのかもしれません。

(参考)→「「無責任」になると、人間本来の「役割(機能)」が回復する。

 

 つまり、無責任とは、ちゃらんぽらんということではなく、ニセの責任がない状態、本来の役割に集中できる状態、ということです。

 

 

 私たちが親に求めているのも結局、「どんなことがあっても私の味方をして。私のことをちゃんと理解して」ということではないでしょうか?

 簡単に言えば、こうしたことをただただ求めていただけ。

 

 いま生きづらさの渦中にある方も、その苦しみは、ニセの責任による苦しみです。たとえ、発達障害だとか何か他の要因があったとしても、愛着が安定している方、つまりニセの責任を背負っていない方は生きづらさを抱えたりはしません。

 

 「誰か、私に罪はない、責任はない、と言ってくれ!!」という心の叫びを抱えています。

 

 

 結局はニセの責任を免責するための機構を外部(内部)にもちたい、という切実な欲求です。

 

 先日の記事にもかきましたが、一般の私たちの場合、「愛着」や「ストレス応答系」がその役割を果たしてくれます。 
 ニセの責任をフィルタしてくれるために、純粋に役割に集中できるようにしてくれているわけです。

(参考)→「主体性や自由とは“無”責任から生まれる。

 

 あらためて人間が悩みから解放されて、主権を持って生きるためには、いったんすべての責任がチャラになる機構を持つことが必要になるのです。

 

 

 

(参考)→「ローカルルールとは何か?」 

 

 

●よろしければ、こちらもご覧ください。

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター公式ホームページ

お悩みの原因や解決方法について

ローカルルール(ニセの責任)は誰にでも飛んでくる

 

 たまたまネットのニュースを見ていましたら、「嫌いな男優(女優)ランキング」というのを目にしました。

(参考)→「「嫌いな男優」2020 アンケート結果発表(文春オンライン)

 

 すると、例えば、菅田将暉さんについては、「嫌いというより演技が薄っぺらくて浮いて映って見える」(女・34)「持ち上げられすぎて苦手」(女・35)とか、

 大泉洋さんについては、「ネチャネチャした喋り方が大嫌い」(男・45)とか「失礼だけど、“あざとい感”がどうしても拭えず、作品の感動が半減してしまう。トークもしつこいし、“喋りは任せて感”も鼻につくときがあります」(女・51)とか、

 二宮和也さんについては、「ジャニヲタの敵。嵐の番組を観てても、彼が映ると萎える」(女・43)とか、「器用なのかもしれないが、演技や表現力に小手先感がある。大人の俳優としての魅力に欠ける」(女・49)とか、

 ディーン・フジオカさんについては、「イケメンだけど歌も演技も微妙」(女・31)「上から目線な物の言い方に腹が立つ」(男・20)とか、

 木村拓哉さんについては、「年相応な落ち着きもなく言葉遣いが酷い。CMでの若作りは寧ろ滑稽」(女・59)「裸の王様状態が気の毒なくらい。『キムタク今幸せ?』と聞いてみたい」(女・53)とか、

 福山雅治さんでも、「あの自信たっぷりな表情が嫌い」(女・69)とか、「自分はイケメンだとうぬぼれ感が身体じゅうからあふれているいやらしさ」(女・72)

 

 

 

 女優さんでも、同じように、テレビで目にする女優さんについて同じように嫌いだ、苦手だ、ということが書かれていました。

(参考)→「「嫌いな女優」2020 アンケート結果発表

たとえば、

 新垣結衣さんについては、「30超えてもアイドル女優で、演技力や演技の幅やストイックな努力は感じられない」(女・54)とか、

 

 綾瀬はるかさんについては、「計算されて演じているようにみえる。出過ぎてもうあきた」(男・57)「普段は普通に話せるのに、CMなどの甘えた喋り方が苦手」(女・55)とか、

 本田翼さんについても、「あざとい演技に、見ていてイライラする」(女・20)「CMを観ててもどこか投げやりな感じがあって苦手」(女・36)とか、

 橋本環奈さんは、「笑い方が下品。もともとハスキーな声もますますハスキーになった」(男・36)「態度がデカい。インタビュアーや共演者の先輩に敬語を使わず話していた」(女・30)

 

 

 これを見ていると「おいおい、何をやっても批判されてきりがないぞ」と感じてしまいます。

 

 福山雅治さんなんかは筆者から見ると完璧な感じがしますし、大泉さんも人に好かれてうらやましく見えるのですが、それでも嫌いな人は嫌いということです。

 

 これらは、このブログでも紹介しています私的領域(ローカルルール)が投影されたものです。そこにもっともらしい理屈をつけているので根拠のあるように見えますが、個人の内面にある不全感が表出したもので、全く意味がありません。すべて戯言です。

(参考)→「ローカルルールとは何か?」 

 

 意見を言っている人も、それぞれ親などの影響で内面化されたローカルルールを目の前にいる人に投影しているだけです。

 私的領域とは、「Your NOT OK」で成り立っていますから、何かを批判していなければ存在することができないものなのです。

 批判とはその人のローカルルールが自身を維持するために「言いたいだけ」「吐き出したいだけ」という域を出ません。

 読んでいる自分のローカルルールと近いものがあると、「わかるわかる」なんてうっかり思ってしまいますが、それも本来の自分の意見、感覚ではありません。

(参考)→「人の考えも戯れでしかない~考えや意見は私的領域(生育歴)の投影でしかない。

評価、評判(人からどう思われているか)を気にすると私的領域(ローカルルール)に巻き込まれる。

 

 

 俳優さん以外でも、例えば、東大を出て言いようが、医師や弁護士であろうが、MBAを取ろうが、金メダルを取ろうが、容姿が良かろうが、それぞれに批判する切り口はかならずあります。

 
 クライアントさんの中でも、誰からも批判されないように、勉強や仕事で頑張ってきました、という方がいらっしゃいますが、ローカルルールの世界観を真に受けている限り、誰からも批判されない安住の地はどこにもありません。
 
 どれだけ容姿が良くても、資格やキャリア、実績を積んでも、批判はついてきます。

 「ニセの責任」がボンボンと飛んできます。

 それらに応える義務は当然ながら全くありません。

 

 冒頭の、俳優さんへの批判の宛先が自分になったと思ってみるとどうでしょうか?

「あなたのその喋り方が大嫌い」
「あなたは仕事の仕方に、小手先感がある」
「あなたは態度がデカい」

 など、

 このように見ていくと、これまで家庭や学校、職場で私たちにいわれてきた批判、意見に責任を感じて真に受けて悩んできましたが、どれだけ意味があったのか?

 批判する個々人の不全感からくるもの、投影でしかなく、ベタに言えば「あなたが好き/嫌い」ということでしかなかったということかもしれません。

 その「好き/嫌い」も内面化した他者の価値観(ローカルルール)でしかないものだったのかもしれないのです。

(参考)→「評価、評判(人からどう思われているか)を気にすると私的領域(ローカルルール)に巻き込まれる。

 

 

 冒頭に紹介した記事も週刊誌の企画ですから、読む人も常識から「まあ信憑性なんてない」と思いながら戯れに読むものです。日常での批判や心無い言葉も、結局はその程度のものでしかありません。

 

 いじめなどハラスメントの本当の影響とは、相手の戯言やローカルルールの責任を自分が負ってしまうこと。
 
 

 そのためにはその戯言が、「自分だからだ」と思い込まされること(個人化)が必要になります。「自分だから批判される」「批判されるということは、自分に欠点があるからだ」「努力しなければ」と。

(参考)→「“たまたま”を「因果、必然」と騙る~「自分だからハラスメントを受けた」はローカルルール

 

 しかし、冒頭の俳優さんへのダメ出しを見てもわかるように、ローカルルールにかかれば、どんな人でも批判されるということ。

  ローカルルールとはウイルスのようなもので、社会を飛び回っていて、不全感を抱えている人や真に受ける人のところで長く留まるようになっている。

 

 

 私たちが子どもの頃に親から心無い言葉を浴びせられて、「自分が悪い子だから」「自分は本性として愛されない」と思っていたことは、単にローカルルールの因縁によってそう思わされていただけだった。

 

 

 ただ、批判する相手は、まさか自分が不全感、ローカルルールに動かされているだなんて絶対に認めませんので、もっともらしい理屈をこねます。  しばしば他の人を称賛してみせたり、仲良くしたりして「個人化」をもっともだと見せようとします。
 (「私の判断がおかしいというけれども、他の人は褒めているということは、ちゃんと善悪の区別がついているし、まともだよ。~~という理屈だ。やはり、あなたがおかしい」と)

 

 私たちもしばしば、批判する人が人望があったり、社会的な実績があると、「やっぱり、その人のほうが正しいのでは?」と思いがちですが、不全感や嫉妬から自由な人はいません。社会的な地位のある人や人格者に見える人が、案外シンプルに、嫉妬に動かされているなんてことはよくあります。

(参考)→「人の発言は”客観的な事実”ではない。

 

 気がつくとなんだかんだと根拠を集めてきて、「自分だから」と自分がニセの責任を負わされてしまっている。

(参考)→「ニセの責任で主権が奪われる

 そして、素直に相手の批判に応えて、努力をしてきた。しかし、蓋を開けてみたら、その批判は全く意味がありませんでした。 

 

 意味がないことの理由として、実際に、批判に答えて努力してみても楽にならないし、ほんとうの意味で自分がより良くなるという実感がありません。

 

 そこから逃れる方法は、努力して批判されないようにするのではなく、ローカルルールのニセの責任(因縁)については戯言と知り、「知~らない」「私の問題ではありません」と責任を放棄(スルー)することです。

(参考)→「主体性や自由とは“無”責任から生まれる。

 

 ウイルスのように誰もが世の中を生きていると因縁をかけられることがありますが、それらを区別し、免責するメカニズムがあれば、日々新に主体性を持って生きていくことができるのです。

 

 

 

(参考)→「ローカルルールとは何か?」 

 

 

●よろしければ、こちらもご覧ください。

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター公式ホームページ

お悩みの原因や解決方法について