登記されない自分の経験


 

 近年、所有者不明の土地が増えて問題になっているそうです。

 持ち主が登記しないままに相続などが行われて権利が分割されていってさらに権利関係が複雑になっていって、といったようなことも背景にあるようです。
 
 
 国土の2割位が不明な土地とも言われています。

 そもそも税金にしても土地にしても行政がすべて把握できるということはありません。なかなか難しいことです。

 土地というのは物理的に存在しているものですが、登記されていないと誰のものかわかりませんし、もし自分の土地だとしてもはっきりと自分のものと示すことができなくなってしまいます。

 土地というと大切なものだと思いますが、それでも多くの土地が持ち主がわからないままになってしまっているようです。

 

 

 これと似たものとして、トラウマを負った人にとっての「経験」があります。

 トラウマを負うと、経験が積み上がらない、という感覚にさいなまれることになります。

 
 しかし、当然ですが、物理的には経験をしています。

 仕事もそうですし、勉強もそうです、趣味もそうです。
 
 物理的には経験していても積み上がっている感覚がない。

 

 
 以前の記事では、この原因を自分のIDでログインしていないからだ、というふうにお伝えいたしました。

(参考)→「積み上がらないのではなく、「自分」が経験していない。

 

 経験に名前をつける(登記する)ということと、自分のIDでログインするということとは密接に結びついています。

 自分のIDでログインしていないと、自分の経験した物事について、登記できない。  

 自分の名前をそこに書くことができない。

 本当は自分の経験なのに、「これ、自分の経験じゃない」とスルーしてしまう。

 よほどの大成功でなければ、自分の経験として名前を書かない。

 ちょっとでも失敗があるとそれを恥じて書かない。

 大成功でも、謙虚でいたいと理想的になり、名前を書かない。
 

 どんなに学歴があっても、どんなにキャリアがあっても、そこに名前を書かない。自信がない。
   

 

 筆者も似た経験があります。
昔、自分の結婚式に、結婚式の定番として、自分のプロフィールを紹介したのですが、「(学歴や社歴はすごいのに)えらく、あっさりしてたな」と友人に驚かれたことがありました。

 普通の感覚からすればそこは誇っていいところ、だったのです(しかも、自分が主役の席だし)。

 筆者にすれば、自慢するのはかっこ悪いし、上手く行かなかったことも多かった(と感じている)自分の人生を大したことないと思ってサラッといい加減に流していたのです。

 「あっ、自分を大事にしていないな、経験に名前を書けていないんだな」と感じた出来事でした。
 

 

 謙虚と言うのは、自我を満たした上で次に来る「応用技」であって、自我を脇においた謙虚なんていうのは人間としてどこかおかしいのです。

 誇っていいものは堂々と誇るのが普通のことです。 少々過去に失敗があっても、過度に恥じることはない。

 そんな調子ですから、自分には名前がついていない経験がたくさんあることにも気がついたのです。

 これでは、せっかく経験しても、積み上がるわけがありません。
 

 

 
 
 クライアントさんでもこうしたケースはとても多いです。
 
 治療者の立場になると「そこは自信を持っていい経験ですよ」とお伝えしますが、本人は全くそう思っていない。

 

 人間関係でも、ちょっとでもうまく振る舞えなかったと感じると、関係をリセットしたくなる、というケースもよくあります。
 すべての関係を消し去りたくなる。 
 
 過去の経験もそうで、ちょっと恥ずかしいと感じることがあると、その経験は「黒歴史」としてすべてないものとしたくなる。
 
 なぜなら、自分がおかしいし、劣っているし、汚れていると思わされているから。

 
 経験が工場の製品なのだとしたら、検品の基準がシビアすぎてどれも「出荷」されない。

 ちょっとでも傷、瑕疵があるとはじいてしまう。

 
 “検閲”にエネルギーを取られているために、個々の経験をそのまま捉えてそこからコツや教訓を抽出することができない。

 

 
 そうこうしているうちに、名前をつけないまま経験は流れていき、自分の人生は何も積み上がらずに、経験がないように感じられていってしまうのです。

 

 

 

 では、今まではそうだったので、「人生は失われた」「もう今の年齢からは取り返しがつかない」かといえばそうではありません。

 

 どうすればよいかといえば、自分の経験にあらためて自分の名前をつける。登記しなおせばよいのです。

 完璧な経験以外は登記しないという基準をあらためて、瑕疵があっても登記する。

 恥ずかしいと感じた経験でも登記する。経験に自分の名前をつける。

 

 

 これから経験することについてもそうですが、今までの自分の経験も棚卸ししてみる。

 すこし恥ずかしいと思うような経験も含めて、リストアップしてみる。

 そして、そこに頭の中で、自分の名前を書くことをイメージしてみる。

 
 そのときには葛藤が湧いてきますが、今までと違うのは、その葛藤が「邪魔」だとわかっているので、巻き込まれることが少なくなります。

 
 実は、恥ずかしいと感じるのは、名前を書いていないからでもあります。
 名前を書いていないと、他人の物になり、他人の基準で裁かれてしまう。文字通り、他人の「植民地」になってしまう。

(参考)→「自我が強い力を持ち、ためらいなく“自分”という国の秩序を維持する大切さ

 しかし、自分の経験として登記すると、失敗と思うようなことも含めて、全体をエネルギーに変えることが出来ます。

 
 栄養が回復してきて、自分の歴史や経験の見え方が変わってきます。
 

 

 

 

●よろしければ、こちらもご覧ください。

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター公式ホームページ

お悩みの原因や解決方法について