フラッシュバックは常にある

以前担当した、ある少年のクライアントですが、フラッシュバックが起きて、自分を殴ったり、学校に行けなくなったり、という症状でお困りでした。

まさに出番!ということでトラウマケア(FAP療法)を行うことで解消されていきましたが、面白いことを言っていました。

それは、「フラッシュバックは常にあるんですよ」ということ。

フラッシュバックというと、急激な過去の記憶が沸き起こるイメージがあります。しかし、その少年が言うには、群発する小さなフラッシュバックは常に頭の中にある、ということ。

さながら、ずーっとマグマだまりがあるようなもの。
抑えきれない大噴火のみが「目に見えるフラッシュバック」として意識されているだけだったようです。
私たちも、過去の嫌なことが浮かんできたり、不安になったり、将来のことが心配されたり、ということも、常にあるフラッシュバックのようなものかもしれません。
別に言い換えれば、環境の影響を受けて脳がノイズ(ノイズ)を起こしているような状態。

そのように考えると、私たちにとっても、フラッシュバックはごく日常にある、身近なものかもしれません。

ただ、健康な脳だと、そのノイズを打ち消す(キャンセル)力がある。しかし、トラウマや、発達障害や、ある種の精神疾患、ホルモンの不全などがあると、それが上手くいかなくなる。
すると、ノイズがキャンセルしきれずに、フラッシュバックや妄想といったものとして現れる。

ノイズのキャンセルと自他の区別もとても関連する問題です。
「これは自分の考えとしてタグをつける。これはノイズ(自分じゃないもの)としてキャンセルする」
ということを行えるか、行えないか、ですから。

自他の区別をつける、とは概念的な問題だけではなく、脳が電気的にノイズをキャンセルする力も含まれるのかもしれません。

 

●よろしければ、こちらもご覧ください。

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター公式ホームページ

お悩みの原因や解決方法について

 

「人格障害(パーソナリティ障害)」も実は存在しない?

 

人格というと、「人格障害(パーソナリティ障害)」ということも気になります。

「いわゆる人格がない」というのであれば、「では、パーソナリティ障害っていうのはどうなの?」と疑問に思います。

パーソナリティ障害とは、もともと「境界例」と呼ばれた既存の分類に当てはまらない、神経症と精神疾患との間にあるようなケースをとらえるために便宜的にできたものです。
科学的な実験からスタートしたわけではありません。
そもそも、「パーソナリティ」というのが脳のどの部位にあるのかもよくわからないのですから、「パーソナリティ障害」というのは、何が障害されているのかもよくはわかりません。

そのため、最近では、「パーソナリティ障害」ということ自体に異議を唱える医師も少なくありません。

→「パーソナリティ障害の特徴とチェック、治療と接し方の7つのポイント

 

確かに、当初は使い勝手がよかったのですが、よくよく突き詰めてみると、肝心のことが見えなくなる。
また、「パーソナリティ障害」と診断しても、それほどの解決策にならず、場合によっては単なるスティグマとなり、解決の妨げにもなりえる。

 

それよりも「甲状腺などの身体疾患」「発達障害」「愛着障害」「双極性障害」「家族関係」といった切り口でとらえたほうが、問題の実態に迫れるのでは、とされます。

どうやら、「パーソナリティ」とは問題の原因ではなくて、様々な問題の影響の結果、私たちが素朴に「パーソナリティ」と感じるものがゆがめられてしまう、ということのようです。

例えば、養育環境の影響。とてもひどい親族に囲まれている人は少なくありませんが、その結果、イライラしたり、人を信頼できずに不安定になったり、ということはあります。

環境が変われば、その方は穏やかになり、人にも優しくなっていきます。

しかし、これはパーソナリティが障害されているのでしょうか?

それよりも、養育環境の影響、ととらえたほうがよほど正しい。このようにみても、パーソナリティとはとてもあいまいなものであることがわかります。

パーソナリティととらえられるものは、環境の影響でいかほどにも変わってしまう。

自他の区別はとてもあいまいなのです。

 

 

●よろしければ、こちらもご覧ください。

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター公式ホームページ

お悩みの原因や解決方法について

 

”人格”、”性格”というものも実は存在しない

それぞれの人間には、人格や性格というものがあると考えられています。

人格や性格が無ければ、のっぺらぼうな白紙の人間になってしまいます。

普段の生活でも、「あの人は~~だ」と性格を話題にすることがあります。

しかし、実は、人格や性格というものの正体はよくわかっていません。脳の中のどこに人格や性格があるのかも未解明です。

私たちが普段使う意味での”性格”、”人格”というものは、専門的な心理学では出てきません。
シチュエーションが限定された「態度」などということでは扱われます。

「私ってこんな性格」といいますが、性格というものは固定されているわけではありません。
接する人や環境に応じて性格は変化していくものです。
(「モード性格論」として社会心理学者が本を書いています。)

例えば、「おとなしい性格」という人がいても、別の場面や接する人の前では、「積極的な性格」だったりします。

よくTV番組で、芸能人のルーツをたどる、という番組がありますが、その中で、親についてのエピソードを聞くと、意外な一面を見ることが珍しくありません。

つまり、家族であっても、その人のすべての面を知ることはできず。ある一面を見て、「この人はこういう性格だ」と思い込んでいるだけだということです。

職場では仕事ができない、と評価される人が、趣味の釣りやプラモデル制作、スポーツ、手芸などで驚くべき腕前やしっかりとした見識を持つ人がいて「すごいなあ」と驚くことがあります。

ある会社で評価の低い課長がいましたが、その人は実は投資に熱心で、一生困らないだけの資産体制を築いていた、ということがあります。
まじめに働いていて評価の高い人と、どちらが「稼げる/できる人」かわかりません。

状況によって驚くほど人は変わるのです。

ただ、本人も「自分の性格はこうだ」と思いこまされていることがあります。
それが暗示です。別の言葉でいえば、家族といったしがらみの強い人たちの評価の内面化です。

「お前はどこに行っても通用しない」といったことは最たるもので、まさに呪いの言葉です。この言葉によって、呪縛されて、どこに行ってもダメな人間であるかのように錯覚されてしまうのです。

ピグマリオン効果などもまさにそのことを示しています。ピグマリオン効果とは、同じレベルの2クラスの生徒たちに対して、教師が「こちらのクラスは優秀」「こちらは劣等生」と聞かされて接すると、本当にそうなってしまう、というものです。

いじめについての専門研究でも、前提としていじめられやすい人というのは実はいません。「誰でも、たまたま標的になりえる」ということです。ローカルルールの中で善悪が付けられて標的になってしまえば、自信を無くしてしまい、本当に周りが決めつけるような人間になってしまいます。
「やっぱり、あのタイプはいじめられても仕方がない」となるのです。

人格というのも、実は周囲からの影響を内面化した束であり、そのあらわれ方も環境に依存しているものです。

そのために、自他の区別はつきにくく、狂わされやすいのです。自他の境目の明確ではなく、その自覚もないために、自分が何を欲しているのかさえ分からなくなってしまうのです。

 

 

●よろしければ、こちらもご覧ください。

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター公式ホームページ

お悩みの原因や解決方法について

 

 

自他の区別がつかない。

人間は、発達の過程で、自己イメージや他者イメージが徐々に適正なものへと変化し、自他の区別が明確になっていきます。

赤ちゃんの頃は、自分は何でもできる。親は神様のような存在ですが、そうしたことは修正されて行きます。
他人と自分とは違うものだ、ということがわかるようになってきます。

思春期に入り、心の中で「親を殺す(価値観から離れる)」、反抗期を経ることで、自他の区別は明確になっていきます。

この過程を健全に達成している人は、実は思っている以上に少ないのです。

そして、何らかの形で、自己イメージや、他者イメージにゆがみが生じます。
どこか誇大化して、尊大であったり、自分のルールを押し付けたりします。

自他の区別というのが、あまりつかなくなっている人が多いのです。

自他のイメージがつかないとどうなるかと言えば、自分の物差しで相手を判断したり、相手の物差しで自分を下に置いてしまったり。
さらに言えば、力関係で相手から支配されることもあります。

ちょっとしたことで傷ついたり、人に執着したりするようになります。

さらに言えば、自他の区別がつかないということは、相手と距離が近いので、お互いの思考がぶつかりあって、
脳がショート(てんかんやヒステリーのような症状)しやすくなります。
「自他の区別」は、いわゆる悩みというものの根本原因の一つではないかと最近、気づくようになりました。

 

●よろしければ、こちらもご覧ください。

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター公式ホームページ

お悩みの原因や解決方法について

 

 

昔から、悩みは心の外にあるものでした。

実は、精神医学では、昔から心の病は「心理」の外にあるとしてきました。

例えば、心の悩みの原因として、以下の3つの分類があります。

「心因」:心が原因であるもの(ストレスや考え方など)
「外因」:その疾患以外に原因があるもの(脳の損傷や、他の臓器の影響など)
「内因」:その疾患そのものに原因があるもの
心の病の王様である統合失調症やうつ病、双極性障害 はどこに分類されるかと言えば、「内因」になります。
※ストレスが原因であれば、うつ状態ではありますがうつ病ではありません。
つまり、心の病は、本来「心理」が原因ではないものとされてきたのです。
「心理」の外にあって、了解できないままに症状が発症して薬の力を借りながら治すもの、なのです。
心因でさえ、原因とされるのはストレス(外からくるもの)ですし、さらに、考え方も、実は、外的要因を内面化した束であることがわかってきていますから、心理のテリトリーは、どこにもないことがわかります。

 

「あなたの悩みの原因は、すべてあなたが選んだものだ」

 

なんて言っていたら、大笑いされてしまいます。

悩みは選んだのではなくて、心の中にもなく、外側から否応なく、影響されてしまうもの、なのです。

 

 

●よろしければ、こちらもご覧ください。

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター公式ホームページ

お悩みの原因や解決方法について

 

 

悩みは、心理の外にある。

現代の人間観というのは、基本的に、理性のある個人が自分で考えて行動する、
というようにできています。

そのため、悩みもその個人の責任、その人が選んだもの、努力で変えていくもの、という考えでできています。
この考え方は脳科学など、最近の知見とは相いれないことがわかっています。
そして、実は、この考え方はいろいろと危険なものでもあります。
結局、自分のものではないものまで、自分の責任とさせられて、挙句の果てには、カウンセラーからも、「あなたのせいだ」と責められ、傷つく要因にもなっています。
悩みというのは、基本的には、自分の「心」の外側からもたらされます。
外的環境と、内的環境からです。

外的環境とは、社会、会社、学校、家族などから
内的環境とは、ホルモンや、遺伝子、体内細菌、影響物質、脳内伝達物質などから

たとえば、最近どんどんと明らかになってきていますが、育児でお母さんがイライラするのは、昔はお母さんのお母さん業の未熟さや人格のせいとさせられたり、本人もそう思っていたかもしれませんが、誰にでも起きるホルモンの変化のせいだ、ということがわかっています。
そのイライラは、心の問題でしょうか?

なんでも心の問題に還元することを「心理主義」といいます。カウンセラーをしていて思うのは、「心理」が問題であることは、実は思っている以上に少ない。少ないというよりも、ほとんどないのではないかと思います。

〝心理”カウンセラーと言いながら、問題のすべて(とあえて言い切りますが)は、心理にはなく、「心」の外側にあります。

では、カウンセラーは何をしているのか?

認知行動療法と言って認知を扱う療法もあって、効果が出ているじゃないか?
といわれるかもしれませんが、

実は、リフレーミング(枠組み転換)や、外部化、というメカニズムで説明されているように、「悩みは自分のせいではないんだな」と気づくお手伝いをしています。

事実、悩みが解消されるときには、悩みの意味づけが変わり(そうか、これは自分にとって役に立つものなんだ!)、悩みは心の外側に追いやられて行きます(気にならなくなりました!)。
悩みは、心理の外にある。

では、心理とは何か? といえば、せいぜいタッチパネルくらいの役割と言えます。

 

●よろしければ、こちらもご覧ください。

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター公式ホームページ

お悩みの原因や解決方法について

 

 

 

これは私のものではない

例えば、
ブログの記事を書こうとすると、
妙に頭が重く、もやがかかったようになります。

「支配者」という概念から説明すれば、
支配者の邪魔が入っているといえますし、

「遺伝子」から説明すれば、何かマイナスに働く遺伝子が影響しているということになります。

ためしに、いくつかの言葉を唱えてみます。

すると、最初は、上手く反応しないのですが、
しばらくすると、頭が重いのがなくなってくるのがわかります。
皆さんも、上手くやる気が起きないことってないでしょうか?
その時は、ご自分のせいではなく、外からの邪魔でそうなっていることが多いのです。
ご自分を責めたり、やる気を高めるような努力をすると、余計にその罠にはまってしまうことになります。

もしそうなったら、
「これは私のものではない」
と何度か唱えます。
すると、ササッと、重さが取れていきます。

 

●よろしければ、こちらもご覧ください。

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター公式ホームページ

お悩みの原因や解決方法について

「心」のメカニズム

「心」に聞いて、「心」が答えてくれる、という方法があります(参考「「心に聞く」を身につける手順とコツ~悩み解決への無意識の活用方法」)。

自分が迷っていること。意識では自分でも知らないようなことについても答えてくれます。わかるようでわからない自分の本心を確認することができます。

なぜ、このようなことが可能なのでしょうか?

今日は、心のメカニズムについて書いてみました。

 

心というのは「無意識」のことです。

よく聞かれるのは、それぞれに心があって、答えも違うのか?ということです。

結論から言えば、心(無意識)とは一つであり、人それぞれにあるわけではない、ということです。

おそらく、ユングなどが行っている集合的無意識ということがそうではないかと思われます。

 

私たちは人間は、意識の生き物ではなくて、「環境の影響を内面化して束にした存在」(無意識)とされます。

脳科学では当たり前のこととのなっていますが、意識が私たちを動かしていることは確認されていません。研究すればするほど、生理的な反射や無意識的な動きばかりに行動の原因は求められ、意識が人間を動かしている証拠は見つからないのです。

意識とは、PCでいえば、せいぜいモニタの役割にしか過ぎないようです。

現代催眠でも、常に、催眠状態(無意識状態)はそこにあって、一日に何度も催眠状態に入っているとされます(例えば、ボーっとしたり、音楽を聴いたり、本を読んだり、TVを観たり、など)。

つまり、私たちは、常に「心(無意識)」とともにあり、無意識は特別な存在ではありません。その「心(無意識)」に聞く、という行為も、別に特別なことではありません。

※無意識が遠い縁のないものだと、思わせるのも意識の働きです。私たちはそれに慣れてしまっているだけです。

 

心は、感じ取って目に見えない情報を言葉にして伝えてきてくれます。

心に聞く、は特別なことではありません。私たちはいつも「内言(自問自答)」していますが、それと同じことです。

ただ、異なるのは、何もしないで聞いていると、当然いろいろな邪魔が入ってしまいます(環境、支配者からの邪魔)。

ですから、その邪魔を取るかとらないかの違いだけで、あとは、内言をして、純粋に無意識の答えを聞くことが「心に聞く」という行為です。

「心に聞く」は難しいものではありません。誰でも、すでに行っている簡単なことです。

 

 

●よろしければ、こちらもご覧ください。

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター公式ホームページ

お悩みの原因や解決方法について

 

 

ニセ成熟は「感情」が苦手

ニセ成熟の状態の人は、「感情」というものをとても嫌います。

感情的な人は苦手です。「あんな自分勝手に感情を表に出すような人には絶対になりたくない」と思っています。

軽蔑して、嫌悪しています。

しかし、感情を強く怖れてもいます。肝が冷えるというのは、このことか、と思うくらいに恐怖を感じます。

 

感情的に迫られると、頭が解離(ボーっとして)してしまって、対処することができません。

そして、状況が去ってから、怒りがわいてきたり、恐れから相手を頭の中でコテンパンにこき下ろしてしまいます。

 

あんな人になりたくない、が原動力ですから、自分の感情も殺そうとします。

人へのネガティブな意識はなくそうと研さんに励みます。でもうまくいきません。自然な感情なのですから、当然と言えば当然です。

 

あんな人になりたくない、というモデルは多くの場合親です。理不尽な父、感情的な母になりたくない、と思います。

 

ただ、感情を嫌悪して、殺した結果どうなるか?

我を出す人、感情を出す人にやられっぱなしになります。

場合によっては、モラハラをされて、とことん評価を下げられてしまいます。

 

実は、感情というのは、自我(エゴ)を成立させる武器でもあるからです。そのため、ニセ成熟の人は、エゴが十分に育ってしないことがあります。自分が何をしたいのかがわかりません。

感情というのは、さながら、免疫(警察や軍隊)のような存在です。

 

感情は3つの大きな働きをします。一つは、記憶の処理。経験した出来事を意味づけして、処理していくこと。

二つ目は、環境からのストレスを中和すること。

三つ目は、相手とのチューニング(信頼関係を結ぶ)をすること。

 

感情が十分に社会化して扱いやすくなっていることで、扁桃体がストレスフルな記憶でも処理をしてくれるようになります。しかし、感情を殺していると、それがうまく働かなくて、人よりもトラウマを受けやすくなります。

具体的には、嫌な出来事がいつまでも頭に残り続けて、一人反省会(もっと、~~しておけばよかった。私のバカ!)、一人復讐(あんな失礼なことを言ってきて、あの人は頭がおかしいに違いない、あんな人を世の中にのさばらせてはいけない!)、一人予行演習(次に失礼なことを言われたら~~しよう)を繰り返します。

急に嫌な記憶がよみがえってきて、「いや~!」といてもたってもいられなくなります。

 

感情が正しく使えていると、嫌な出来事など環境からのストレスを感じても、その感情や嫌な感じを正しく感じて、意味づけし、中和して処理することができます。そのため、ストレスにも強く、自分から距離を離して守ることができます。

 

感情が正しく使えていると、特に感情的な相手ともチューニング(信頼関係)が取れるようになります。

感情的な相手には、こちらも意識-無意識的に感情的に関わる必要があります。感情的な相手に冷静に対応すると、相手は「自分が尊重されていない」「バカにされている」と思って、余計に感情的になります。

自分は相手とは適切な距離を取りつつも、感情を発揮して、相手の感情を受け止めて中和することで「分かってもらえている」と感じさせることができます。

以上は、理屈ですが、しかし、ニセ成熟の人たちは、多くはトラウマを負っているために、感情的なものに触れると、恐れがわいてきて、解離してしまうのです。頭で分かっていても、対処できなくなってしまいます。

そして、能面のようになり、頭では「冷静に対応している」つもりですが、相手からは馬鹿にされていると思われて、さらに攻撃されやり込められてしまいます。

 

通常の発達(成熟)ルートであれば、感情について理解し、学ぶための機会を経験しています。

例えば、学校での友達付き合い、部活での上限関係など。

(この「学校」というのも曲者で、かなり問題が多いものです。詳しくは「いじめとは何か?大人、会社、学校など、いじめの本当の原因」をどうぞ)

ただ、それらをうまく経験できずに、いじめ、夫婦喧嘩の目撃など間違った人間関係の波にもまれてしまうと、それをクリアできず、仕方なく迂回ルートとして感情を嫌悪するニセ成熟を取らざるを得ないのです。

 

 

●よろしければ、こちらもご覧ください。

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター公式ホームページ

お悩みの原因や解決方法について

 

ニセ成熟(迂回ルート)としての”願望”

(トラウマを負い)生きづらさを抱えている人は、大きな願望をもちます。そして、それをかなえた先に自分の人生があり、今ここには自分の人生はないように感じます。

「引き寄せ」などの、スピリチュアルなものにもとても興味をもちます。興味を持ちながらも、科学的な目もちゃんと持っています。

「目の前のことに集中しろ」といった助言には強い嫌悪感を覚えます。

 

いつも強い焦燥感を感じています。

「何かをしていなければならない」

「努力していなければならない」

「充実していなければならない」

「無駄に過ごしてはならない」

などなど。

休日には、用もないのに繁華街に出たり。仕事が終わっては、夜の街に出てみたり。

何も達成していなくても、何かをなしたような気がすることをしてみます。

カフェや、ホテルのラウンジも好みます。何者かになった気、充実した気にさせてくれるからです。

でも、そこを離れると、また焦燥感を覚えます。さながら、依存症患者のようです。

世の中と真正面から取り組めばいいということはわかるのですが、なぜか回避してしまいます。

ものすごく努力しているのですが、肝心な核心は回避してしまいます。そのため、努力しても達成することはできません。

何をしても積み上がる感覚がありません。

しかし、大きな願望があります。(逆に、未来を描けなくなる方もいます。)

願望は大きければいいと、手帳に「金持ちになる」「社長になる」「理想の人と結婚する」といったことを書きますが、いつまでたっても叶う様子はありません。今年こそは!と意気込みますが、楽しいのは年末だけで、年が明けてみれば、なんのことはありません。

新しい願望実現の本を買って試してみますが、ことごとく失敗します(儲かるのは著者だけ?)。

成長しようという欲はとても高いです。しかし、積みあがる感覚はありません。なぜか、横へ横へとスライドしていくような感覚。そして、現実では結果がでず、いつの間にやら「ダメな人」扱いされるようになります。

自分はもっとできるのに、という直感だけが頼りです。

 

本当はできるのですが、認めてくれるものも人もいません。どこかに自分のことを認めてくれる人がいるに違いない、という感覚があります。

 

とても高尚な人間になろうともします。

とくに、「汚い大人」「感情的な人間」には絶対になりたくありません。「自分の親のようにはなりたくない」と思っています。

汚い大人の弱点を、努力で越えようとします。セラピーを受けて、自分のネガティブな感情をすべて取り除きたくなります。「怒らない人間になりたい」「ストレスを受けても動じない人間になりたい」とおもいます。

 

実は、これは、「ニセ成熟」という現象です。一般のルートで大人になることは生きづらくてできないために、それを回避して迂回ルートで成熟を果たそうとするのです。

願望をもったり、高尚な人間になろうとするのも、実は、それが現実と付き合う方法なのです。真正面から向き合うことができないために、願望を通じて世の中とつながろうとするための行動です。実はその願望自体は、そもそも自分の本心が望んでいないことであることも多いのです。※決して逃げではなくて、努力であり、工夫なのです。

 

しかし、ニセ成熟では、本当の意味で世の中とがっぷり四つで組めないために、様々な副作用をもたらします。

 

●よろしければ、こちらもご覧ください。

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター公式ホームページ

お悩みの原因や解決方法について