世の中は”二階建て”になっている。


 

私たちが、世の中で耳にする道徳律として、
「良いことをすれば返ってくる」
「誠実でなければならない」
「自分よりも相手を優先しなければならない」
などがあります。

こうしたことは実現できるように努めることが人として良いと教えられます。
しかし、なかなかそうはいかずに、要領の良い人が結果として得をしたりすることがあります。

道徳律をなぞるように頑張るのですが、うまくいきません。相手に出し抜かれたり、自分だけ損をしたり、誤解されて悔しい思いをしたりします。周りから見れば馬鹿正直で、わきが甘い、と思われることばかりしてしまいます。

なぜでしょうか?
これはトラウマを負った人は裏ルールが分からない、ことに起因します。

 

 

 実は、世の中の二階建てになっているのです。

二階建てとは、一階部分と二階部分に分かれているということです。

 世の中の一階部分は、負の感情や力関係、ノイズなどの世界です。
人間は、嫉妬や不安、見栄、劣等感や自己優越感、所有欲、権力欲といったさまざまな感情を持つ生き物です。
頭には邪念が浮かびノイズが飛び交っています。

こうした中で、ノイズを中和し、他者と適切な距離を保ち、時に不適切な関係は選別して、自分を守りながら、コミュニケーションを確立します。国でいえばさながら国境、警備隊、の役割の世界です。

そして、安全を確保したうえで、二階の部分を確立することができます。

 

 

 二階の部分とは、信頼、協調、正義、正直さといったことです。ここでは相手と信頼関係を結びことが大切になります。国でも信義に基づいて交易をしたり、交流を図るような部分です。
トラウマを負っていない安定型の人は、こうしたことを当たり前のこととして、成長の過程で身に着けていきます。
しかし、野暮なこととして言葉には出しません。

 
 トラウマを負った人たちは、世の中を一元的にとらえてしまっています。一元的とは、建物でいえば一階のみの平屋建てとして真に受けて理解しているということです。
トラウマを負った人は、裏ルールを学ぶ機会を回避せざるを得なかったために、身に着けていないことが多いのです。さらに、理不尽な目にあってきたために強い正義感、理想主義を持っていることも多く、一階部分のようなことは毛嫌いしてしまいます。

そのため、一階部分を確立しないまま、二階部分のみで社会と関係を取り持とうとして、衝突したり、やり込められたり、相手から支配されたりしてしまうのです。

 

 

トラウマを負った人が、裏ルールを習得する頃には、世の中がとても嫌なもの、面倒くさいものと感じられるようになってしまいます。裏ルールが分からないことは、他者とうまくつながれず孤独を感じる原因にもなるのです。

 

 

 

●よろしければ、こちらもご覧ください。

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター公式ホームページ

お悩みの原因や解決方法について