共感してはいけない?!


 

 あるときに、同僚の女性カウンセラーの先生が落ち込んでいました。

 良いところまで治療が進んでいたのに、クライアントさんが急に「あなたの態度が気に入らない。こちらにかけた言葉が気に入らない。等」とクレームを言われ、受付でも文句をさんざん言われ、カウンセリングがドロップ(途中で終了)してしまった、というのです。

 

 そのクライアントさんは、職場で怒りが止まらない。後輩へのダメ出しが抑えられない、ということが主訴で、過去を見ると、明らかに愛着不安を抱えている方でした。

 そうしたことから考えると今回のことは十分にありえる現象です。別の言い方でいえば、境界性パーソナリティ状態といえます。

 

 対応していた女性のカウンセラーの先生は、とてもやさしく、丁寧に応対をされる方で、共感の塊のような先生でした。

 
 だからとても落ち込んでいた。「なぜ、自分の状況について気づきが深まってこれから、というときに・・・」と反省を繰り返していました。
 
 
 おそらく、スーパーバイザーに報告すれば、「共感が足りなかったのでは?」とか、もっともなアドバイスが帰ってくると考えられますが、どうも腑に落ちません。

 こうしたときに、もっと丁寧な対応を、ということをスーパーバイズされることは、カウンセラーをさらに落ち込ませるだけなのかもしれません。

 

 それが原因かわかりませんが、後日家庭の都合での転勤の際に、カウンセラーを続けるかどうかはわからない、ということをおっしゃっていたことを覚えています。

 

 

 
 そのクライアントさんですが、途中明らかに解離(人格のスイッチ)をおこした、と考えられます。怒りをまき散らすローカルルールに感染した破壊的な人格にスイッチした(もちろん、いわゆる多重人格ではありません)。

 
 怒ったとしても落ち着いて対応できれば・・といいたいところですが、よほど肝が据わっていなければ難しい。慣れていても巻き込まれてしまう。ほとんどの場合は、ひたすら謝って、でも信頼関係は壊れてカウンセリングは続けられなくなって、ドロップしてしまうことになります。
 

 

 おそらく、そのクライアントさんもカウンセラーを変えても、またモジュール(人格)がスイッチして同じことを起こしてしまう可能性が高い。
 だから、なかなかよくならずに転々としてしまう。

 

 

 
 カウンセリングの理論では、共感することで、症状が徐々に軽くなっていくとされますが、こうしたケースを見ると、どうもそうではない。

 

 それは、ローカルルールに感染したモジュール(人格)の存在があるためです。

(参考)→「モジュール(人格)単位で悩みをとらえる重要性~ローカルルールは“モジュール(人格)”単位で感染、解離し問題を引き起こす。

 

 ローカルルールが壊されそうになるとローカルルールを守ろうとして「解離(人格のスイッチ)」が起きて、ちゃぶ台がひっくり返されてしまう。

 ローカルルールは、モジュール(人格)に感染し、解離して現われて、人を巻き込もうとします。
 そして、「治療者の態度が傷つけた」「かけた言葉が気に入らなかった」「プロのくせに本当のことを理解してくれなかった」と“本音”を吐露して、クライアント本人もスイッチが起きていることを知らなければ、それが本心だと疑わず、解離から戻れなくなる。結局、よくならないで終わってしまう。

 

 

 もちろん、怒りやクレームというはローカルルールのそれですから、その方の本音ではもちろんありません。過去に過ごしてきた養育者や友達などが刷り込んだローカルルールの世界であり、そこで語られることは安心安全の世界の住人には理解できない“不思議世界の掟”です。

 

 

 「もっと共感してほしい(共感してもらえていない)」「もっと理解してほしい(理解してもらえていない)」と訴えてくることもしばしばですが、実はそれもその方のホンモノの本心ではありません。

 

 ローカルルールの特徴として、それ自体があたかも人格として自律性を持ち、自らを守ろうとします。ローカルルールはニセルール。根拠が薄弱なために、他者を「You’r NOT OK」としたり、自分の不思議世界に人を巻き込もうとします。

(参考)→「ローカルルールとは何か?」 

 

 人格がスイッチしますので記憶が飛んだり、ローカルルールに基づいて物事を解釈するために、家族や治療者についてあることないこと取り上げて、歪めて記憶されます。
 (「関係念慮」は、実はローカルルール人格へのスイッチによって起こっている。)

 

 ローカルルールが「世の中は自分を否定してくるおかしな人ばかり」という価値観であれば、目の前の家族や治療者も「おかしな人」として認識されます。
 もし、笑顔を見せたら「私をバカにした」「見下された」と歪めて記憶されます。

 ローカルルール人格がフィルタのような働きをして、都合の悪い情報はカットし、おかしな解釈をつけて本人の頭の中で情報を伝達します。
 本人も巻き込まれていますから、これを解くのはなかなか厄介です。

 

 

 本人がスイッチに気が付いていればよいですが、気が付いていない状態で、「それは関係念慮がおこっている」と伝えても、「私の言っていることを“関係念慮”だと決めつけている。あなたは私をおかしな人扱いするひどい人だ」とローカルルール人格が出てきて、抵抗してこじれます。

 

 ローカルルール世界に解離したときは、共感しても、謝っても意味がなく、ベストな対応としては常識をもとにスルー、あるいは否定しないといけない。
 

 

 なぜなら、ローカルルールとは、私的な情動が常識を騙っているだけで、根拠が全くないからです。

(参考)→「ローカルルールとは何か?」 

 

 

 いじめもそれを支える存在がなければ成立しないように、ローカルルールが正しいと支えるものがなければ存在できません。いじめを行っている人たちが訴える「だって、A君は気持ち悪いんだもん(そのことを理解してよ、共感してよ)」というローカルルール世界の論理に共感することにはまったく意味がありません。
 「それって歪んだ私的な感情にすぎない」と冷静な突込みが周囲からくる環境(公的環境)ならば、いじめなんてできなくなる。いじめが起きている学校や職場には必ず、それを支える環境があります。

(参考)→「いじめとは何か?大人、会社、学校など、いじめの本当の原因

 

 

 
 ローカルルールに感染した人格にスイッチした際に、それが伝えるニセの“本音”に共感すると、ローカルルールの維持を助けることになり、症状は良くならない。

 ローカルルールに感染した人格のクレームはスルーしないといけないのですが、人格がスイッチしているとはいえ激怒している相手に対応するのは、なかなか難しい。

 

 また、ローカルルール世界はとても巧妙で、ニセのクレームの内容で目の前の家族や友人、治療者の欠点を取り上げるために、それを否定する側も都合の良い自己弁護のように感じて躊躇してしまい、「ローカルルール人格によるものだ」と否定しにくくなってしまうのです。
 (クレームには耳を傾けなければならないという俗な常識も邪魔をします。)

 

 ローカルルールのモジュールへの感染、人格化と解離という現象に、一部の人が気づいているだけでは、対処できない。
 いじめにおける教育委員会のようにスーパーバイザーも真に受けてしまう、なんてことも生じます。
 ある程度、こうした対処の仕方が常識とならないと、本格的には対抗できない。真に受けてしまう人が多いと、クライアントさんもよくならない。
 (境界性パーソナリティ障害などは対応が難しいのはこのためですね。)
 

 

 本当は、共感ではなくて、「ローカルルール世界を一刀両断に壊してほしい」ということがホンモノの本心なのだから。  
 (映画やアニメで、本当自分が魔法で作られた世界に閉じ込められていて、「ここから出してくれ」と、その壁を叩いているようなイメージかもしません)

 

 クライアントさんが知識としてローカルルール人格へのスイッチという現象がある、と知るだけでも状況はだいぶ変わります。

 それによって、「本来の自分」と「ローカルルール人格」とを区別することができるので、抵抗や巻き込まれる確率も明らかに下がります。
 (区別されていない状態だと、問題や症状を指摘されても「自分がおかしい」といわれているように考えてて恐怖や怒りを感じてしまいます。)

 
 そして、クライアントさんと治療者が一致協力して、「ローカルルール」という本当の敵に立ち向かうことができます。区別ができていなければ、ごちゃごちゃになってできなくなります。

 

 治療者が真に共感する対象は「本来の自分」であって、「ローカルルール人格」ではないということです。誤って、ローカルルール人格に共感するということは「本来の自分」をないがしろにすることといえます。

 

 

 実際に筆者の経験では、カウンセリングの中でクライアントさんがローカルルール人格へとスイッチした際にそこには共感せず、ローカルルール人格について説明すると、最初はどこかキョトンとしています。
 しかし、ローカルルールによる発言と、本来のクライアントさんの発言とを区分けして、話を進めていくだけで、特別なことはしていないのに、「(今までのセッションで)一番良かった」というフィードバックをいただくことが珍しくないのには驚きます。
 (単に話をしているだけなのに!? やっぱり「バッサリといってほしい」というのが本来の気持ちだとわかります。)
 

 

 今現在、自分自身で悩みに取り組んでいる方は、難しい悩みほど「これってローカルルール世界の人格にスイッチしているのかも?」と自分で疑問を挟んでみることはとても有効。
 モジュール(人格)単位で悩みを考えてみる。ローカルルールというものの影響を考える。

 そうすると、見え方、感じ方がかなり変わってきて、手ごわい悩みの解決が見えてきます。

 

 

(参考)→「ローカルルールとは何か?」 

(参考)→「モジュール(人格)単位で悩みをとらえる重要性~ローカルルールは“モジュール(人格)”単位で感染、解離し問題を引き起こす。

 

 

●よろしければ、こちらもご覧ください。

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター公式ホームページ

お悩みの原因や解決方法について