他人の感情や言葉は他人の責任

 

 前回の記事で見ましたように、私たちが力を発揮するためにはニセの責任から自由であることが必要です。

(参考)→「無責任で本当に大丈夫? ~無責任かつ位置と役割があると人間は力を発揮できる

 

 そういう観点で見ると、 
 
 仕事で活躍できる人、というのはニセの責任を免責することがとてもうまい、といえるかもしれません。

 さっと自分の責任の範囲を自然に感じとるところができる。

自分の責任が「これだけ」ということを感じて、役割に集中することができる。

 ニセの責任が飛んできても、「ニセ物だな」と感じて、さっと免責してしまう。

 

 責任が自分のものだけに限定されるから、腹をくくれて、「逃げない」「言い訳しない」なんて人から見られる。

 反対に、トラウマを負っている人は、それがとても難しい。

 相手の機嫌も、相手の頭の中で起こることも、職場の雰囲気も、何もかもが自分の責任だと思っている。

 その裏には、すでに過去に背負ってきたニセの責任の山があって、それが投影されていることは言うまでもありません。

(参考)→「ニセの責任で主権が奪われる」

 

 ニセの責任でいっぱいいっぱいになってしまっているために、目の前の役割に集中できず、膨らんだニセの責任に恐怖を感じて、及び腰になり、結局「仕事に入り込めていない」とか、「当事者意識がない」だなんて反対の悪い評価をくだされて、本人もどうしていいかわからなくなる。

 

 仕事以外でも同様です。

 日常生活でも、あまりストレスなく人と付き合える人というのは、責任の範囲の見極めが自然とできている。

 基本的に相手の頭の中にあることや相手の機嫌は、自分の責任ではない、という感覚があります。  

 行うのは、自分ができる範囲を守って、公的な環境を作り出すことくらいまで。

 あとは気楽に言葉と戯れている。相手の言葉は相手のものなので、責任を持たない。

(参考)→「人間の言葉はまったく意味がない~傾聴してはいけない

 

 

 

 特にポイントは、「感情と言葉」です。 
  

 その人の感情や言葉の責任はその人のものです。

 確かに、その勢いに圧倒されることもありますが、結局は因縁をつけているだけです。
(参考)→「ローカルルールとは何か?

 

 その人の感情や言葉はその人のものだ、とわかっていると、巻き込まれにくくなります。すると、感情的になっていたり、気になる言葉が飛んできても、スルーすることができて、相手もトーンダウンしてきます。

 

 理不尽な環境では、特に家族が自分の感情を子どものせいにして、子どもはそれを真に受けてしまって、巻き込まれてしまう。そして、ストレス障害(トラウマ)になる。
 
 
 自他の区別がつかなくなり、責任の分解点がわからなくなってしまう。

(参考)→自他の区別がつかない。

 

 

 いつしか、家族以外の人についても、相手の感情も自分の責任と思い、常にビクビク、と相手の感情や言葉を自分のものとして、気を回してへとへとになってしまうのです。

 基本的に相手の感情や言葉はその人のもので、その人の責任です。

 

 たとえば、“言葉”で「あなたの態度が悪いから、私はイライラしている」「あなたが悪いから、私は怒っている」といっても、真に受けてはいけない。

 不良やヤクザが「おうおう、メンチきってんじゃねえよ」と因縁つけて絡んでくるのと同じことです。

(参考)→「因縁は、あるのではなく、つけられるもの

 

 
 愛着が安定している人は、免責の仕組みがうまく働きますから、無意識に「それはあなたの責任ですよね」というメッセージが働いています。
 

 

 ポジティブな感情について、例えば、相手の「期待」なども同様です。
 

 相手がどのようにこちらに期待を持つか、ということもあくまで相手の勝手、責任です。

 たまたま、こちらのパフォーマンスや条件がよくて、期待に応えれることもあれば、そうではないときもある。その見極めがうまくできる。

 トラウマを負っていると、ニセの責任でいっぱいいっぱいですから、相手の期待も自分の責任だと思い、逃げ出したくなってしまいます。

 

 ちゃんと免責の仕組みが機能すると、ニセの責任を取り除くことができますから、仕事でも日常生活でも、本当に自分の役割だけに限定して、集中することができるのです。

 

 

(参考)→「ローカルルールとは何か?

 

 

 

●よろしければ、こちらもご覧ください。

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター公式ホームページ

お悩みの原因や解決方法について

ローカルルール(ニセの責任)は誰にでも飛んでくる

 

 たまたまネットのニュースを見ていましたら、「嫌いな男優(女優)ランキング」というのを目にしました。

(参考)→「「嫌いな男優」2020 アンケート結果発表(文春オンライン)

 

 すると、例えば、菅田将暉さんについては、「嫌いというより演技が薄っぺらくて浮いて映って見える」(女・34)「持ち上げられすぎて苦手」(女・35)とか、

 大泉洋さんについては、「ネチャネチャした喋り方が大嫌い」(男・45)とか「失礼だけど、“あざとい感”がどうしても拭えず、作品の感動が半減してしまう。トークもしつこいし、“喋りは任せて感”も鼻につくときがあります」(女・51)とか、

 二宮和也さんについては、「ジャニヲタの敵。嵐の番組を観てても、彼が映ると萎える」(女・43)とか、「器用なのかもしれないが、演技や表現力に小手先感がある。大人の俳優としての魅力に欠ける」(女・49)とか、

 ディーン・フジオカさんについては、「イケメンだけど歌も演技も微妙」(女・31)「上から目線な物の言い方に腹が立つ」(男・20)とか、

 木村拓哉さんについては、「年相応な落ち着きもなく言葉遣いが酷い。CMでの若作りは寧ろ滑稽」(女・59)「裸の王様状態が気の毒なくらい。『キムタク今幸せ?』と聞いてみたい」(女・53)とか、

 福山雅治さんでも、「あの自信たっぷりな表情が嫌い」(女・69)とか、「自分はイケメンだとうぬぼれ感が身体じゅうからあふれているいやらしさ」(女・72)

 

 

 

 女優さんでも、同じように、テレビで目にする女優さんについて同じように嫌いだ、苦手だ、ということが書かれていました。

(参考)→「「嫌いな女優」2020 アンケート結果発表

たとえば、

 新垣結衣さんについては、「30超えてもアイドル女優で、演技力や演技の幅やストイックな努力は感じられない」(女・54)とか、

 

 綾瀬はるかさんについては、「計算されて演じているようにみえる。出過ぎてもうあきた」(男・57)「普段は普通に話せるのに、CMなどの甘えた喋り方が苦手」(女・55)とか、

 本田翼さんについても、「あざとい演技に、見ていてイライラする」(女・20)「CMを観ててもどこか投げやりな感じがあって苦手」(女・36)とか、

 橋本環奈さんは、「笑い方が下品。もともとハスキーな声もますますハスキーになった」(男・36)「態度がデカい。インタビュアーや共演者の先輩に敬語を使わず話していた」(女・30)

 

 

 これを見ていると「おいおい、何をやっても批判されてきりがないぞ」と感じてしまいます。

 

 福山雅治さんなんかは筆者から見ると完璧な感じがしますし、大泉さんも人に好かれてうらやましく見えるのですが、それでも嫌いな人は嫌いということです。

 

 これらは、このブログでも紹介しています私的領域(ローカルルール)が投影されたものです。そこにもっともらしい理屈をつけているので根拠のあるように見えますが、個人の内面にある不全感が表出したもので、全く意味がありません。すべて戯言です。

(参考)→「ローカルルールとは何か?」 

 

 意見を言っている人も、それぞれ親などの影響で内面化されたローカルルールを目の前にいる人に投影しているだけです。

 私的領域とは、「Your NOT OK」で成り立っていますから、何かを批判していなければ存在することができないものなのです。

 批判とはその人のローカルルールが自身を維持するために「言いたいだけ」「吐き出したいだけ」という域を出ません。

 読んでいる自分のローカルルールと近いものがあると、「わかるわかる」なんてうっかり思ってしまいますが、それも本来の自分の意見、感覚ではありません。

(参考)→「人の考えも戯れでしかない~考えや意見は私的領域(生育歴)の投影でしかない。

評価、評判(人からどう思われているか)を気にすると私的領域(ローカルルール)に巻き込まれる。

 

 

 俳優さん以外でも、例えば、東大を出て言いようが、医師や弁護士であろうが、MBAを取ろうが、金メダルを取ろうが、容姿が良かろうが、それぞれに批判する切り口はかならずあります。

 
 クライアントさんの中でも、誰からも批判されないように、勉強や仕事で頑張ってきました、という方がいらっしゃいますが、ローカルルールの世界観を真に受けている限り、誰からも批判されない安住の地はどこにもありません。
 
 どれだけ容姿が良くても、資格やキャリア、実績を積んでも、批判はついてきます。

 「ニセの責任」がボンボンと飛んできます。

 それらに応える義務は当然ながら全くありません。

 

 冒頭の、俳優さんへの批判の宛先が自分になったと思ってみるとどうでしょうか?

「あなたのその喋り方が大嫌い」
「あなたは仕事の仕方に、小手先感がある」
「あなたは態度がデカい」

 など、

 このように見ていくと、これまで家庭や学校、職場で私たちにいわれてきた批判、意見に責任を感じて真に受けて悩んできましたが、どれだけ意味があったのか?

 批判する個々人の不全感からくるもの、投影でしかなく、ベタに言えば「あなたが好き/嫌い」ということでしかなかったということかもしれません。

 その「好き/嫌い」も内面化した他者の価値観(ローカルルール)でしかないものだったのかもしれないのです。

(参考)→「評価、評判(人からどう思われているか)を気にすると私的領域(ローカルルール)に巻き込まれる。

 

 

 冒頭に紹介した記事も週刊誌の企画ですから、読む人も常識から「まあ信憑性なんてない」と思いながら戯れに読むものです。日常での批判や心無い言葉も、結局はその程度のものでしかありません。

 

 いじめなどハラスメントの本当の影響とは、相手の戯言やローカルルールの責任を自分が負ってしまうこと。
 
 

 そのためにはその戯言が、「自分だからだ」と思い込まされること(個人化)が必要になります。「自分だから批判される」「批判されるということは、自分に欠点があるからだ」「努力しなければ」と。

(参考)→「“たまたま”を「因果、必然」と騙る~「自分だからハラスメントを受けた」はローカルルール

 

 しかし、冒頭の俳優さんへのダメ出しを見てもわかるように、ローカルルールにかかれば、どんな人でも批判されるということ。

  ローカルルールとはウイルスのようなもので、社会を飛び回っていて、不全感を抱えている人や真に受ける人のところで長く留まるようになっている。

 

 

 私たちが子どもの頃に親から心無い言葉を浴びせられて、「自分が悪い子だから」「自分は本性として愛されない」と思っていたことは、単にローカルルールの因縁によってそう思わされていただけだった。

 

 

 ただ、批判する相手は、まさか自分が不全感、ローカルルールに動かされているだなんて絶対に認めませんので、もっともらしい理屈をこねます。  しばしば他の人を称賛してみせたり、仲良くしたりして「個人化」をもっともだと見せようとします。
 (「私の判断がおかしいというけれども、他の人は褒めているということは、ちゃんと善悪の区別がついているし、まともだよ。~~という理屈だ。やはり、あなたがおかしい」と)

 

 私たちもしばしば、批判する人が人望があったり、社会的な実績があると、「やっぱり、その人のほうが正しいのでは?」と思いがちですが、不全感や嫉妬から自由な人はいません。社会的な地位のある人や人格者に見える人が、案外シンプルに、嫉妬に動かされているなんてことはよくあります。

(参考)→「人の発言は”客観的な事実”ではない。

 

 気がつくとなんだかんだと根拠を集めてきて、「自分だから」と自分がニセの責任を負わされてしまっている。

(参考)→「ニセの責任で主権が奪われる

 そして、素直に相手の批判に応えて、努力をしてきた。しかし、蓋を開けてみたら、その批判は全く意味がありませんでした。 

 

 意味がないことの理由として、実際に、批判に答えて努力してみても楽にならないし、ほんとうの意味で自分がより良くなるという実感がありません。

 

 そこから逃れる方法は、努力して批判されないようにするのではなく、ローカルルールのニセの責任(因縁)については戯言と知り、「知~らない」「私の問題ではありません」と責任を放棄(スルー)することです。

(参考)→「主体性や自由とは“無”責任から生まれる。

 

 ウイルスのように誰もが世の中を生きていると因縁をかけられることがありますが、それらを区別し、免責するメカニズムがあれば、日々新に主体性を持って生きていくことができるのです。

 

 

 

(参考)→「ローカルルールとは何か?」 

 

 

●よろしければ、こちらもご覧ください。

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター公式ホームページ

お悩みの原因や解決方法について

主体性や自由とは“無”責任から生まれる。

 

 マックス・ウェーバーという政治学、社会学者の著作に「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」というものがあります。

(参考)→プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神

 

 とても有名な著作ですが、そのなかでウェーバーは、資本主義の精神の土台となったものの一つは、プロテスタントの「予定説」ではないか、という仮説を提示しています。

 キリスト教は一神教で、全知全能の神が世の全てを作ったとしています。それを予定説といいます。

 そのため特にプロテスタントに、「自由意志」という概念は基本的にありません。なぜなら、今私達が考えていること、感じていることも神がすべて決定し、予定しているものだから。
 人間が自分で自由に決めて考えているわけではありません。

 「予定説」とは、この世の中のことや私たちの人生、審判の日に救われるかどうかも全てをあらかじめ決められているということです。

 

 すべてが決まっているのでしたら、無責任になってしまい、「頑張っても意味ないや」と堕落してしまいそうですが、人間とは不思議なもので、そうはならないとウェーバーは考えます。

 

 反対に、全てが決まっているからこそ、自分が神から救われる側の人間であることを証明しようとして勤勉に努力する、というのです。
 そうした勤勉さが資本主義の精神の土台となった、とするのです。

 

 
 この説は、発表された当初から批判もあり今でもありますが、その意義を認める学者も多くいます。
 社会科学では古典であり、基礎とされるテーゼです。心理学でも、実験で妥当性を検証した研究を筆者も見たことがあります。

 

 アメリカ人などが代表的ですが、自由主義や自助の精神も、その現象とは反対に、自由意志などなく最初から全てが神様に決められているということからスタートしている、というわけです。

まず、すべての責任を神が背負ってくれるから(人間に責任がないからこそ)、人間は主体性を持った近代人として生きていけるという逆説。

 

 
 このことは私たちの悩みを解決し、主体性を持って自分らしく生きるためにもとても大切な視点だと考えます。
 

 たとえば、私たちは悩みにあるとき、それが自分の責任であると考えて解決に努めます。

 しかし、トラウマを負った人の特徴として、この世界の中で自分で頑張るしかないという考えが強く、努力しますが、うまく行かずに社会に適応できなくなる、ということが起きている。  
 自分が自由に決めれるとして頑張れば頑張るほど、うまくいかなくなるのです。

 

 依存症の方も、その特徴として罪悪感の強さが挙げられますが、頑張れば頑張るほど、足が沼にめり込むように依存に陥っていく。さらに、そのことを社会的に責められて、という悪循環に陥ってしまう。

(参考)→依存症(アルコール等)とは何か?真の原因と克服に必要な6つのこと

 

 なぜか、といえば、いったんニセの責任をすべて引き取ってくれるメカニズムがないままでは人間は主体的に生きていくことなどできないからです。

 そのメカニズムは、一般的には、神という宗教的なものではなく、「愛着」や「ストレス応答系」が予定説の代わりを引き受けてくれると考えられます。

 

 
 愛着が安定している人は社会にうまく適応することができるとされますが、なぜかといえば、「愛着」が安全基地として、責任などをすべてを引き取ってくれるから。「ストレス応答系」も同様で、身体の恒常性を維持しストレスを除いてくれるものです。

(参考)→「愛着障害」とは何か?その特徴と悩み、4つの愛着スタイルについて

 

 「愛着」のメカニズムで大切なことの一つは「免責(無責任になれること)」の提供だと考えられます。

 ニセの責任を一旦「愛着」や恒常性維持機能が全て引き受けてくれるからこそ、主体的な“自分”というものをスタートさせることができる。

 

 社会に生きていく中で、他人が因縁をつけてきてニセの責任を背負わせようとしても、「愛着」が作動して「それ、私の責任じゃありません」とフィルタしてくれる。

 反対に、不安定な愛着しかなく、「全ては自己に原因がある」という考えがあると「免責」が機能せず、親のローカルルールからきたニセの責任を背負わされて、過責任に苦しむことになる。 
 解けないニセの責任をずっと果たそうと余計な努力を続けさせられることになってしまうのです。

(参考)→ニセの責任~トラウマとは、過責任(責任過多)な状態にあるということ

 

 自己啓発などでは、よく「全ては自分の責任」といった考えで展開されます。
自己啓発のほとんどは、アメリカのキリスト教などを起源としていたりするとされますが、じつは、「全ては自分の責任」という話には、そもそも前段階があった。
 それは、「すべては神様が決めている(予定説)≒責任は自分にはない(無責任)」ということを受け入れているということです。

 

 
 いったん、すべての責任を引き取るフィルタを通るからこそ、安全な環境で守られた中で、「全ては自分の責任」といって、主体的であることができる。

 安全が確保された競技場で思いっきりスポーツをするような感覚。

 反対に、すべての責任を引き取るフィルタが無きままだと、さながら、凸凹の危険な環境で戦っているような状況。

 愛着を持っている人は、安全な芝生の上で思いっきり飛んだりはねたり、転んだりできているのに、愛着のフィルタがない人は、ニセの責任の引き受けさせられて大怪我をして、人も世の中も大嫌いになってしまうのです。
 

 

(参考)→「ローカルルールとは何か?

 

 

 

●よろしければ、こちらもご覧ください。

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター公式ホームページ

お悩みの原因や解決方法について

ニセの責任で主権が奪われる

 

 愛着障害やパーソナリティ障害などの類型、悩みの事象に「回避」というものがあります。

簡単に言えば、自信がなく、責任に尻込みしてしまう、というものです。

 回避というのは愛着障害、パーソナリティ障害に限らず、トラウマを負うと必ずと行ってよいほど見られます。

(参考)→「トラウマ、PTSDとは何か?あなたの悩みの根本原因と克服

 一見強気で、エネルギッシュに見える方でも、内心は責任というものに過大な重圧を感じていたりするものです。
 

 責任に尻込みしてしまうというと、無責任であるとか、責任逃れでずるいような印象がありますが、本人の内的なメカニズムは全くそうではありません。

 むしろ、責任をたくさん背負いすぎていて、もういっぱいいっぱいの状態に、“さらに”責任が来るために、「もう無理!」となって、回避したくなる。
尻込みをしてしまう、という状態になっているのです。

 しかもなぜか、自分はだめだ、という感覚を持たされているのでなおさらのことです。

 

 

 実は、これは、ローカルルールの影響を真に受けてしまってきたことによるものです。

(参考)→「ローカルルールとは何か?

 ローカルルールの特徴は、個人の私的な不全感におかしな理屈でコーティングしたものです。
 それ自体には全く正当性がありませんから、成立させるためには、他者に因縁をつけるしかありません。

 一番簡単なのは、目の前の人に対して「Your NOT OK」といい、相手を否定することです。

(参考)→ニセの公的領域は敵(You are NOT OK)を必要とする。

 

 

 親が不全感を抱えている場合、子どもの頃から、親からのローカルルールを浴びせられ続けることになります。

 いつも、(この不全感は)「お前がおかしいからだ」「お前が原因だ」とニセの責任を押し付けられます。

 真面目な子どもは、その責任をすべて自分で背負って解決しようとします。

 しかし、ローカルルールは、それ自体が成立するためには常に「You’r NOT OK」の因縁をつける必要があります。

 そのため、解決しようとして頑張ると、ゴールポストは動かされ、「はい、失敗!」「はい、お前はいつもダメ」とされしまいます。
 
 そうして、ニセの責任は積み上がり続け、自信は奪われる、ということになるのです。
 

 

 ※さらに、前回の記事で、親や家族の問題は見えない、といいましたが、それもニセの責任の影響があります。
 親がおかしいのは親自身の問題、責任ですが、その責任を背負わされて共犯関係に巻き込まれてしまっているために、問題が見えなくなるのです。さながら、会社の問題を隠す真面目な役人や会社員のように。

 自分の責任ではないものを引き受けさせられると人間は無意識に問題が見えなくなるようです。そして、自分の主体性、自分の頭で考えて行動するということが奪われてしまうのです。

 

 

 

 このように「回避」とは責任から逃れたくて無責任なのではなく、責任を背負いすぎて「過責任」状態であるということです。
(参考)→ニセの責任~トラウマとは、過責任(責任過多)な状態にあるということ

 

 ニセの責任を背負わされると、常にその責任を主語に考えさせられ、「私」、主権が奪われてしまいます。

 いつしか、自分の感情や考えもあるようでなくなり、自他の区別も失わされてしまいます。

 

 

 

 

(参考)→ニセの責任~トラウマとは、過責任(責任過多)な状態にあるということ

 

 

●よろしければ、こちらもご覧ください。

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター公式ホームページ

お悩みの原因や解決方法について

親や家族の問題は見えているようで、見えていない。

 

 私たちは自分の家族がおかしいとか、問題があるということにはなかなか気づくことができません。

(参考)→「<家族>とは何か?家族の機能と機能不全

 

 たとえば、筆者の母も、口を出すとネガティブなことしか言いません。 
 
 何か調子のいい人やお店の話題がが出ると、「でも、こういうのは、うまくいっていないらしいわよ」とか、

 年末に海外旅行に言っている人のニュースが出ると、「値段が高いのにこんなときに行ってもつまらない」とか、

 とにかく、自分の勝手な想像でいいかげんなことも交えて、ネガティブな評論家になります。

 歳をとってマシになりましたが、昔は、TVに向かって芸能人に「死ね」だのなんだのと否定的なことや悪口を頻繁に言っていました。

 筆者はそれを聞いて生活していました。

(参考)→「「汚言」の巣窟

 

 

 さて、社会人になってから「なぜか、自信がない」という症状にさいなまれることになりましたが、自分では原因がわかりません。

 自分で認知行動療法に取り組んでみたりFAPなどといろいろとしてみるんですけど、自信がないという問題には届かない。

 たしかに過去にトラウマになるような出来事もありましたので、それについてもそれぞれにケアをしてみますが、なぜかジワーッと自信のなさが続くのです。

 そうしているうちに「自信がない」ということから、仕事でうまくいかなくなったり、ということで現実にも苦しむようになります。

 

 

 実は原因の大半は、親の汚言、悪口をずっと浴びていて、それを内面化していたからでした。

 親の悪口から、「自分も他人からこんなひどいことを言われるかも」ということを自然と考えるようになり、ちょっとしたことでも他人の目で自分を見るようになっていたのです。

 他人の目とは決して何ら信憑性のあるものではなく、あくまでネガティブな感情が渦巻く「私的領域」でしかありません。

(参考)→「評価、評判(人からどう思われているか)を気にすると私的領域(ローカルルール)に巻き込まれる。
 
 その影響を相対化もせずに浴び続けていたのです。
 
 そういう親の姿がおかしいをはっきり気づいたのはけっこう最近のことです。  
 

 

 むかしから、ぼんやりと、親の発言は汚いということは認識していたはずなのですが、明確に「おかしい」と確信が持てるまでにかなりの距離があるのです。

(参考)→「「汚言」の巣窟

 

 

 ちなみに、親同士も夫婦ゲンカが多かったのですが、そのため筆者はむかし「夫婦とはケンカするものだ(当たり前だ)」と思っていました。

 大学に入って、サークルの合宿で先輩の女性が「私は親がケンカするのを見たことがない」とサラッと言ったのを聞いて、強いカルチャーショックを受けたことがあります。

 さながら情報が統制された国の国民のようで、外の世界のことが全くわからず、わかっても自分にも責任があると高尚に考えてしまうと(ニセ成熟)それが自分に強く影響される問題である、とは思えなくなってしまうのです。
 

 

 

 クライアントさんたちも、セッションの早い段階(問診の段階)で親が過干渉であるとか、親同士のケンカが多かったとかそういったことはおっしゃるのですが、それが「問題だ」と確信されるまでには、とても長い距離があります。

 カウンセラーから「過干渉は問題ですね」などとと言われて、親の言動のおかしさについて会話を交わしてはいても、さながら頭と視界がぼんやりしているみたいに「おかしい」と腑に落ちて確信できることはなぜかありません。

 

 どこかで、「親も問題だが、自分にも問題がある」とか、「いつまでも親のせいにばかりしているのもおかしい」とか、もっとひどい場合は「うちの親も問題だが、どこの家にも少なからずあるものだ」という妙な達観(ニセ成熟)が邪魔をして、目の前にあっても問題だとは思えなくなります。

(参考)→「ニセ良識、ニセのバランス感覚~2、3割は自分のせいだ、というローカルルール

 

 

 そういえば、東大の安富歩教授も「生きる技法」という本の中で、(親ではなく奥さんからですが)暴言を浴び続けてハラスメントを受けていましたが、その渦中ではそのことに気がつけない様子が書かれています。

(参考)→ 安冨歩「生きる技法」(青灯社)

 

 

 

 昔の筆者もそんな感じでした。
 心理学に関わっていましたから、親の影響なんていうものはベタ中のベタな話でわかっているはずですが、自分の親の態度がおかしいものであるというほんとうの意味で確信を得るまでには、共犯関係から抜け出す必要があり、長い時間がかかるのです。

 私たちは思っているさらに何十倍も親の影響は強いですし、それが「問題だ」と認識しているようでいて、実はほとんど認識できていないようです。

 

 昔の筆者がもしこの記事を読んだら、「そんなことわかっているよ」といって、わかったつもりになっていたと思います。

 でも、その先にはもっともっと強い影響という実態があった。

 

 

 世界観や、価値観、行動など自分の持っているもの自体がまるまる親のものを内面化しているのでは?と疑って分析してみるとおもしろいです。

 ほぼすべてのものが外から来ていて、否定することも相対化することもできず、それが自他の区別をつけ、自分が主権を手にすることを妨げていることがわかります。

(参考)→「内面化した親の価値観の影響

 

 

 

●よろしければ、こちらもご覧ください。

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター公式ホームページ

お悩みの原因や解決方法について