世の中の幸せイメージは実は幻想かも

Pocket

 

 カウンセリングをしていて、
クライアントさんが共通して悩んでいることとして、自分は普通の人と比べておかしい、不幸である、ということです。

 例えば、友人がほとんどいない。
私は結婚もしていない、家族もいない、といったようなこと。

 

 実際にお話をお伺いすると、確かにそうです。
なるほど、その通りなのです。

 そこで感じる苦しみも他人が相対化できるものではありません。

 

 よく自己啓発などやポップ心理学が言うように、
「あなたの考え次第」といったようなことでは解決できない。

 

 なぜなら、本当に本当に辛く、苦しいからです。
ホームレスなど経済的に苦境にある方などもそうですが、
ネットワークから切れてしまい、また社会からのまなざしも影響して、本当にそこから抜け出せなくなる。

 

 本人の意識、考え方ということだけでは解決などできない。
本人を苦しめる考えというのはクラウドを通じて本人の外からやってくるのです。

 

 

 その苦しめる考えというのは負の暗示であり、暗示であるという点である種の幻想です。実際ではありません。でも、個人の思い込みなどではない。

 

 例えば、友人がいない、ということについても、実は、普通の人も案外いないのです。

 

 筆者も、昔、海外留学していた際に知り合った年上の友人がいて、その人は、とても社交的でした。
 何人も彼女を作るような人でした。
 自分とは違うな、と思ってあこがれていました。

 

 しかし、ある時、語学学校のアクティビティで、課題に取り組んでいた時に、友達に関する問いに対して、その社交的な友人は、「友達を作ることは難しい」と書いていたのです。

 筆者はそれを見て驚きました。

 

 筆者は友人との付き合い方がうまくわからなくなって落ち込んでいた時期だったので、自分だけが友人を作るのが難しいと思っていたのです。
でも、その社交的な友人にとっても「友達を作ることは難しい」ことだったのです。

 

 

 「友人がいない≒人間性に問題がある」という誤った観念が世の中にはあるように思います。でも、それらは実際ではありません。誰でも友人を作るのは難しいし、厄介です。

 

 友人に裏切られたり、がっかりさせられたりすることも珍しくないことです。

 

 でも、だれも、その裏ルール「一階部分」をわざわざ教えてくれません。だから、チキンレースのように心を病むまで我慢し、取り繕い続けるのです。

 

 最近は、大学でも、便所飯といって、一人でお昼を食べる恥ずかしさから、お昼をトイレの個室で食べる人がいるそうです。それも、「友人幻想」からくる作られたコンプレックスなのかもしれません。

 

 釈迦の逸話で、
夫と子どもを失った女性がおかしくなってしまって、釈迦(ゴータマ)に相談します。
すると、釈迦は、「一度も死者が出たことがない家から、からし種をもらってきなさい」といって、村の家々を歩き回らせます。

 

 その女性が訪ねていく家々では、「実は、私の家でも・・・」といって、どこの家にも不幸があったのです。
 そうしていくうちに、女性の悩みはほどかれていきます。

 

 この逸話で大切なのは、その女性個人の考え方を変えたから悩みがなくなったのではない、ということ。

 

 おそらく、その女性も、「家族を失う≒穢れている」という共同体(クラウド)の幻想に縛られていたのだと思います。
 その幻想は、個人の意識ではどうにもならない。個人の意識転換だけで乗り切ろうとすると、つっぱったり、ひらきなおったりと奇抜な言動に陥ることも多い。

 

 でも、共同体全員が、「実はうちでも・・・」と、ある意味「裏ルール(一階部分)」を確認し合ったことで、チキンレースは終了し、クラウドから流し込まれる(上書きされる)幻想がなくなったことが解決につながるポイントだったのです。

 

 

 悩み、トラウマにさいなまれると、裏ルールは本当にわからなくなります。実は、だれも不幸であることは隠そうとするのです。

 

 最近は、芸能人のぶっちゃけ話を放送する番組が増えましたが、そこで語られるのは、華々しく見えても、皆それぞれに不幸であるということです。

 

 明石家さんまさんも、離婚で、自宅の借金を何億も背負ったそうです。でも、その当時は、お笑い界に絶対的に君臨する順風満帆な人にしか見えていませんでした。そんな苦悩はその時は隠されています。

 

 昔、中学生の時に、中間、期末試験の際に、「どのくらい勉強した?」と聞くと、「勉強していない」と真顔でウソをつくやつが何人もいました。

 当時、ウブだった筆者はそれを信じて「勉強していないのに、あんなに成績がいいのは、(勉強している)自分は劣っているのかも」と思ったことがあります。でもそれも“幻想”でした。

 

 中学生でもそうなんですから、大人の世界はもっと見栄っ張りで、ウソや虚構も多いことでしょう。

 

 特に、私たちはテレビやネットの影響をものすごく受けます。
テレビは、あくまで「TVショー」であり、作られたショーですから本当のことではないのですが、なぜか真に受けてしまいがちです。

 

 それも「裏ルール」がわかれば、「なんだ、みんなそれぞれに苦労があるし、大したことないんじゃないか」となります。
「自分だけ、人とうまくいかない」
「自分だけは、親もひどいし、愛着が安定している人にはかなわない」

と悩んでいる人はたくさんいます。

 

 でも、それ自体がクラウドから流し込まれた幻想です。

 

 ただ、繰り返しになりますが、「本人の考えを変えれば解ける」といったような簡単なものではない。

 クラウドからの上書きされる影響もシャットアウトして、はじめて幻想から抜け出すことができます。

 

 そこに悩み解決の核心が見えてきます。

 

 

(参考)→「トラウマ、PTSDとは何か?あなたの悩みの根本原因と克服

 

 

●よろしければ、こちらもご覧ください。

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター公式ホームページ

お悩みの原因や解決方法について