平凡な日常へ~生きがい、刺激を求める気持ちの先に解決策はない。

Pocket

 

 「生きがいを感じたい」
 「仕事でもやりがいをもって取り組みたい」
 
 こうした感情は、トラウマを負った人にとっては心の叫びとも言えるものです。

 生きづらさから抜けるために、七転八倒、様々なことに試行錯誤しながら取り組み、あとから考えると、勇み足だったかも?と言えるようなこともありますが、もがきながら自分の道を模索していきます。

 

 

 トラウマが解消してくると、
 日常のふとした情景に幸せを感じたり、
 「あれ?このままでもいいんじゃないの」と少しずつ思えてくるようになります。

 

 平凡な日常の中にこそ、本当に幸せがある、そのように感じるようになります。 
 
 

 今現在もトラウマで苦しんでいる人からすると
「何言っているんだ!これまで生きてきた日常というのは、苦しくて、生きづらくって癒しでも何でもない!」と言いたくなります。

 確かにそうです。

 

 ただ、立ち止まって振り返ってみてみると、トラウマを負った人の生まれ育った環境というのは、実は「平凡な日常」ではなく、夫婦が毎日けんかしていたり、母親が過干渉をしてきたり、場合によってはひどい虐待など、あたかも「戦場のような環境」。「平凡な日常」ではありません。異常な状態を日常だと思わされてきた。

 

 
 その戦場のような異常な状態で負ったトラウマ、記憶の苦しみから抜け出すために、自己治療を始める人もいます。アルコール、摂食障害、恋愛依存、ギャンブル依存、仕事中毒といった依存症です。

(参考)→「依存症(アルコール等)とは何か?真の原因と克服に必要な6つのこと

 

 

 トラウマを追っていると常に緊張状態で落ち着くことができません。 生きづらさ、というのはどこにもやり場のない苦しいものです。
 極端な刺激や、目標の単純化などによって、一時的にリラックスを得ることができます。
 ただ、それしかなくなると、抜け出せなくなってしまいます。
   

 

 そこまでではなくても、「生きがい」「やりがい」といったDoing(行為)、Having(成果)を過度に求めることも起こります。 実は、「やりがいのある仕事」「生きがい」を求めようとすることも、トラウマティックな心の動きからくることです。
 度が過ぎるとパーソナリティ障害様の心性となってしまいます。

 ボランティアや、ネットワークビジネスにはまったりといったケースもしばしば見られます。

 

 そのままではひりひりするように生きづらい、
 それを何かに向けて代替しようという動きで、空回りすることも多いですし、うまくいっても、家庭が崩壊したり、人間関係を消費してしまい、別の苦を呼び込むこともあります。

 「戦場のような日常」を、「祭りのような刺激」で埋め合わせようとする。そうでもしないと自分が何者かわからない、ということです。

 

 特徴としては、「待てない」「動いていないと不安でしようがない」ということになります。

 

 

 こうしたエネルギーが外に出るとよいかもしれませんが、親からの過干渉や、社会恐怖、対人恐怖(発達障害由来の場合も多いです)などで足場を奪われると、引きこもりなどになってしまうこともあります。

 

 

 「戦場のような日常」からは一度抜け出す必要がある。

 ただし、それは「平凡な日常」へ、であって、「刺激的な祭り」へ、ではない。
 
 そこには、何もない。
 

 

 

 筆者が精神的にとても苦しんでいて、思い詰めているときに、ふとしてであった気楽なおじさんとの出会いの中で、安心・安全を感じて、癒された経験というのがあります。(あるいは、日常で出会う、野良猫や犬といったものに、そうした癒しを感じることもあります。)

 

 そのおじさんは、決して世の中で大活躍している人でもなければ、立派なことを言うでもありません。でも、物腰やしぐさの中に安心を感じる。 

 その方が人生を重ねる中で得た安心安全の経験を、その方の物腰を入り口としてこちらが感じ取っているのかもしれません。

 

 伊集院静の「いねむり先生」「なぎさホテル」などは、そうした平凡な出会いを感じ取れる作品かもしれません。著者が妻の死などの苦しい時期に、作家・色川武大などとの出会いのなかで癒されていく姿を描かれています。

 

伊集院静「いねむり先生」

 

 

 

 

 

 

 

 

伊集院静「なぎさホテル」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すごいカリスマや、大げさなセラピーなんて必要ない。存在は平凡であればあるほど良い。家族も平凡であるほうが良い。そもそもは自然というものも平凡。自然界の法則に従って同じことを繰り返すだけの存在。そこに安心、安全を感じる。安心、安全の先にこそ力が生まれる。

 

 もし今が本当に生きづらく苦しいなら、「戦場のような日常」から一時避難して、そこからまた本来あるべき別の「平凡な日常」へと帰っていくことこそ、実は心が求めていることだったりします。

 

(参考)→「トラウマ、PTSDとは何か?あなたの悩みの根本原因と克服

 

 

●よろしければ、こちらもご覧ください。

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター公式ホームページ

お悩みの原因や解決方法について