ニセ成熟(迂回ルート)としての”願望”


(トラウマを負い)生きづらさを抱えている人は、大きな願望をもちます。そして、それをかなえた先に自分の人生があり、今ここには自分の人生はないように感じます。

「引き寄せ」などの、スピリチュアルなものにもとても興味をもちます。興味を持ちながらも、科学的な目もちゃんと持っています。

「目の前のことに集中しろ」といった助言には強い嫌悪感を覚えます。

 

いつも強い焦燥感を感じています。

「何かをしていなければならない」

「努力していなければならない」

「充実していなければならない」

「無駄に過ごしてはならない」

などなど。

休日には、用もないのに繁華街に出たり。仕事が終わっては、夜の街に出てみたり。

何も達成していなくても、何かをなしたような気がすることをしてみます。

カフェや、ホテルのラウンジも好みます。何者かになった気、充実した気にさせてくれるからです。

でも、そこを離れると、また焦燥感を覚えます。さながら、依存症患者のようです。

世の中と真正面から取り組めばいいということはわかるのですが、なぜか回避してしまいます。

ものすごく努力しているのですが、肝心な核心は回避してしまいます。そのため、努力しても達成することはできません。

何をしても積み上がる感覚がありません。

しかし、大きな願望があります。(逆に、未来を描けなくなる方もいます。)

願望は大きければいいと、手帳に「金持ちになる」「社長になる」「理想の人と結婚する」といったことを書きますが、いつまでたっても叶う様子はありません。今年こそは!と意気込みますが、楽しいのは年末だけで、年が明けてみれば、なんのことはありません。

新しい願望実現の本を買って試してみますが、ことごとく失敗します(儲かるのは著者だけ?)。

成長しようという欲はとても高いです。しかし、積みあがる感覚はありません。なぜか、横へ横へとスライドしていくような感覚。そして、現実では結果がでず、いつの間にやら「ダメな人」扱いされるようになります。

自分はもっとできるのに、という直感だけが頼りです。

 

本当はできるのですが、認めてくれるものも人もいません。どこかに自分のことを認めてくれる人がいるに違いない、という感覚があります。

 

とても高尚な人間になろうともします。

とくに、「汚い大人」「感情的な人間」には絶対になりたくありません。「自分の親のようにはなりたくない」と思っています。

汚い大人の弱点を、努力で越えようとします。セラピーを受けて、自分のネガティブな感情をすべて取り除きたくなります。「怒らない人間になりたい」「ストレスを受けても動じない人間になりたい」とおもいます。

 

実は、これは、「ニセ成熟」という現象です。一般のルートで大人になることは生きづらくてできないために、それを回避して迂回ルートで成熟を果たそうとするのです。

願望をもったり、高尚な人間になろうとするのも、実は、それが現実と付き合う方法なのです。真正面から向き合うことができないために、願望を通じて世の中とつながろうとするための行動です。実はその願望自体は、そもそも自分の本心が望んでいないことであることも多いのです。※決して逃げではなくて、努力であり、工夫なのです。

 

しかし、ニセ成熟では、本当の意味で世の中とがっぷり四つで組めないために、様々な副作用をもたらします。

 

●よろしければ、こちらもご覧ください。

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター公式ホームページ

お悩みの原因や解決方法について