メールや電話が怖い

 

トラウマを負うと、メールや電話が怖くなる、ということがあります。

メールの着信があると、自分を批判した内容ではないかとドキドキして内容が見れない、ということがあります。

何とか、メールをチェックできてもメールの返信に時間がかかります。相手に嫌われない文面、失礼がない文面とは何かが体感的に理解できず、どう書いていいかわからないからです。

 

 

カッカとして余裕がないので、ついつい内容を読み違えたり、自分のことを悪く言っている、皮肉を言っている、と裏読みしたりしてしまいます。

相手の失礼やミスに目ざとく指摘してしまうこともあります。

すると、ついついきつい内容で返信してしまい、さらに相手からの返信が怖くなる、という悪循環。

そんな自分がみじめで、恥ずかしいという思いもありますから、さらに何重にも苦しくなります。

そして、さらに相手のメールの内容が、そんな自分を指摘するように思えたりしてしまいます。

 

 
根底には、トラウマによる見捨てられる不安や対人恐怖が潜んでいます。

偏桃体が過活動を起こしていて、共感性はとても高い状態ですから、痛みや相手の感情の影響を強く受けてしまいます。

トラウマにさいなまれることを近年は発達性トラウマ症候群とも呼ばれますが、アスペルガー障害など生まれつき発達障害傾向にある人でしたら、メールが着信しただけでパニックに陥ることがあります。
メールや電話は、いつ来るかわからないものなので、不安や恐怖の対象なのです。

 

発達障害と異なり、後天的にダメージを受けている人がトラウマを負った人たち、なのですが、似たような症状が見られるのです。

 

 

(参考)

→「トラウマ、PTSDとは何か?あなたの悩みの根本原因と克服

→「大人の発達障害の本当の原因と特徴~様々な悩みの背景となるもの

 

 

●よろしければ、こちらもご覧ください。

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター公式ホームページ

お悩みの原因や解決方法について

階級意識を改善する言葉

階級意識を適切な状態に戻す方法ですが、
例えば、

「NF1の還元」
「CD40の還元」

と言った言葉を
7回程度、頭の中で繰り返し頻繁に1~2週間唱えると、自信のなさや対人関係の問題にけっこうな効果があったりします。

 

 

●よろしければ、こちらもご覧ください。

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター公式ホームページ

お悩みの原因や解決方法について

 

階級意識

現代の日本に生きているとあまりピンと来ないかもしれませんが、人間社会には、長く階級が存在してきました。

日本でも、「貴族」や「武士」といった分け方や、「士農工商」といった分類がありました。
現在でも階級のある国は少なくありません。

インドのカースト制度は有名ですし、
知らない人も多いですが、イギリスは今でも階級社会です。
「ジェントルマン階級」や「労働者階級」という区分が存在します。
(ちなみに、ロンドンの土地は20数名のジェントルマンたちが所有していて、一般の人はそれを長期間賃貸にて利用しているそうです。)

 
こうしたことから、人間には、「階級意識」というものが原的に存在することは考えられます。

その「階級意識」が意味なく過剰に作用してしまうことで、自分を他人よりも下に置いたりしてしまって、「自信のなさ」や「うしろめたさ」といったものが根拠なく出てきてしまう、可能性があります。

 
一方で逆に、階級意識が機能低下していることも問題です。
結果として、他者を尊敬できず、他人の嫉妬を招いてしまう、というケースもあります。
フランス革命の後の混乱は、秩序が壊れて嫉妬や恐怖が渦巻く、まさに狂気の時代でした。
逆の意味で階級意識が壊れてなくなるというのも恐ろしいことです。

なぜかというと、階級があるほうが、社会としては安定していたり、そこで生きる人の心情も分をわきまえて穏やかということがあります。
自分の住む小世界の中で勝者になれて、ほかの世界のことはまったく関心、関係がない(敬意を払うが、別世界)ということです。

階級がなくなっても、環境に伴った差が相変わらずあるにもかかわらず、機会の平等の結果であるということで個人の責任にさせられてしまい、理不尽さはさらに強まります。そのため嫉妬といった俗な感情が際立ってしまうのです。

 

 

インドのように因習となると問題ですが、階級意識があることが悪いことであるとは一概には言えません。
平等な社会のほうが差別はむしろ苛烈になることがあります。
愛着不安や、トラウマにさいなまれると、
人に対して妙にへりくだったり、尊大になったり、他者からいじめられたり、ということが起きやすいのです。

 

その原因として「階級意識」がうまく働いていないのかも?
という観点から見るとなかなか面白いです。

 

 

●よろしければ、こちらもご覧ください。

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター公式ホームページ

お悩みの原因や解決方法について

 

人格者になりたい

 

 

トラウマを負った人が望むことの一つが「人格者になりたい」ということです。

 

 

親など理不尽な人たちのように醜い感情のとりこになりたくない。あんな奴らのようにはなりたくない。

できれば自分の感情もどこかに取り除いて押しやりたい。
怒り、不安、恐怖、嫉妬もすべてなくしたい。

相手の否定的な感情を受けても、動じない人間になりたい。そうして、人格的にも優れた人になって、思うように生きたい。

 
しかし、なかなか果たせることができません。

それどころか、ちょっとしたことで動揺したり、不安から取り乱したり、恐怖から相手を厳しくこき下ろしたり、そうした自分に失望してイヤになったり。
人間は二階建てなのに、一階部分を取り除いた家を建てるものですから、不安定になるのも当然です。

わがままに我を出している人たちにやられてしまうのです。

 
人格的な完成は正規の発達ルートでもまれる必要がありますが、なかなかそれができずにもがき苦しむことになります。

 醜い「大人」にはなりたくない、その代わりに、大人は通り越して、高潔な「人格者」になりたい。

トラウマを負った人たちにとって、人の感情は恐怖ですから、できる限り直面せずに回避して成長したい、というのが本音です。

回避の手段として、宗教や、哲学や、セラピーに興味を持ったりしますが、なかなか願望は果たせることができません。

 

どこかじぶんは子供のようで、いつまでも未熟で、それが誰かにばれないか、びくびくしているのです。

 

●よろしければ、こちらもご覧ください。

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター公式ホームページ

お悩みの原因や解決方法について

 

それ、単に攻撃されているだけですよ

 
トラウマを負った方は裏ルールが分からないために、二階建てになっていることが分かりません。
きれいな二階部分のみが世の中全体であるように見えています。

 

そうすると、他人からの悪意、敵意や邪念に接したときに
それが世の中では当たり前の一階部分であることが分かりません。

するとどうなるかというと、
きれいな二階部分のみであるはずの世の中で、相手から悪意、敵意や邪念を向けられる自分はよほど何か問題があるのではないか?
自分が悪いのではないか?
本来は善人であるはずの相手を怒らせるようなとても失礼なことをしでかしたのではないか?

としてダブルバインドにかかり、自分を責め、罪悪感を感じるようになるのです。

 

 
もっといえば、相手に罪悪感を抱かせるのも攻撃の一種です。
世の中が二階建てになっていることをわかっている普通の人たちからしたら、
「それ、単に攻撃されているだけですよ」
「いじわるされているだけですよ」
「嫉妬されているだけですよ」
という話なのですが、そのことがどうも理解できません。

さながら、カルト教団に入っている信者さんが、教祖のおかしなふるまいを見て、そのように見える自分の頭がおかしい、と自分を責めるかのようです。

信じていない人から見たら、
「それ、教祖さんがおかしいだけですよ」
で終了なのですが。

 

 

自分のコミュニケーションの能力の問題だ、として、自己啓発に励んでみたり、NLPなどを学んでみたりするのですが、根本的な解決策にはなりません。
それはそうですが、前提がずれているのですから。
(二階部分しかない世界で自分がおかしいから問題が起きている、と思い込んでいる)

 

相手からの悪意、敵意、邪念が飛んで来たら、それをキャンセルする力が必要です。その大元は「愛着」になります。

(参考)→「「愛着障害」とは何か?その症状・特徴と治療、克服のために必要なこと

 

ただ、トラウマを負った多くの人の場合、愛着が持てていません。そのため孤独な中、自分で自分を支えなければなりません。
頭を使って自分の正当性の根拠を探そうとして、攻撃してきた相手の不正の証拠を見つけようとします。
そのために、ぐるぐると頭が回り続けるようになります。

 

●よろしければ、こちらもご覧ください。

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター公式ホームページ

お悩みの原因や解決方法について

 

ハラスメントとは、二階建て構造を隠すこと

 

世の中が二階建て構造になっているということを隠したコミュニケーションは、すべてハラスメントであるといえます。

(参考)→「あなたの苦しみはモラハラのせいかも?<ハラスメント>とは何か

 

 

もっとも端的なものは宗教です。

信者に、二階部分(善人になれ。他者のために生きろ)がすべてであるように強いるものです。
教祖は、一階部分をうまく利用して、信者を支配するわけです。
世の中の実情は、二階建てであることに変わりがないのですが、1階部分を生きる方法を奪われてしまっては、さらに生きづらくなってしまい、依存を深めてしまうことになります。

 

 

経営者にも、こうしたタイプの偽カリスマ経営者が氾濫しています。
「生き方」を強調して、従業員や信者の弟子経営者に「善人になれ、素直になれ、世のために生きろ」と、カリスマにとって都合の良い人間であることを強いるのです。

 

 

カウンセラー、セラピストや自己啓発の世界でもこうしたことは起きる可能性があります。

クライアントは、一階部分の汚さ、つらさ、ひどさを経験してきていて、つらい目にあっています。しかし、カウンセラーや自己啓発のグル(教祖)は、「世の中はすべて二階(愛、信頼など)なのだ」「世の中はすべて感謝でできています」として、「気づきを得て、変容、成長を果たして(二階のみに生きる)良い人間になれば悩みは解決する」ということを暗に強いることをしてしまいます。

結局、世の中は二階建てですから、実際の社会では一階部分でやられっぱなしになってしまい、そのことに違和感を感じて訴えてもそれはあなたが変わろうとしないから、として責められ続けてしまうのです。

カウンセラーや自己啓発のトレーナーも知らず知らずのうちに、セッション自体がダブルバインドになっている場合があります。

 

 

ハラスメントを行う一番身近な存在は、親をはじめとする家族です。

世の中は二階建てになっているのに、そのことを隠して、きれいごとや、矛盾することを言います。

子供に対してひどいことをして、わがままに行動しているだけなのに、その一階部分(親のひどいふるまい、わがままさ)は見るな、として、二階部分だけを押し通します(「ひどい親だと感じるのは子供のお前がいい子じゃないからだ。いい子になれば問題は感じなくなる」)。
トラウマを負った人たちとは、世の中が二階建てになっていることを実は誰よりも早く発見しています。
だから、早熟です。しかし、そのことを支持してくれる人がいません。
「世の中が二階部分しかない」と思い込まされるか、自分が気高い人間となって「二階部分だけの世の中にしたい」と理想主義的になったりしてしまうのです。一階部分(人の邪念やノイズ)を中和する方法が身につかないまま世の中に出て、いつも損をし続けてしまうのです。

(参考)→「あなたの苦しみはモラハラのせいかも?<ハラスメント>とは何か

 

 

●よろしければ、こちらもご覧ください。

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター公式ホームページ

お悩みの原因や解決方法について

 

ベイトソンが世の二階建て構造を“発見”した

 

世の中が二階建てになっていることを最初に“発見”したのは、人類学者のグレゴリー・ベイトソンではないかと思います。

ベイトソンは有名な、コミュニケーションにおける“ダブルバインド”を発見し、それが統合失調症の原因であるとしました。
(統合失調症の原因であることは現在は否定されています。)

ダブルバインドとは、矛盾するメッセージのことです。

例えば、相手を殴りながら、「愛している」と囁いたり、といったことです。殴る=攻撃、虐待 というメッセージに矛盾する「愛している」というメッセージが混乱をもたらすわけです。

矛盾するメッセージに囲まれると私たちは学習のメカニズムが停止してしまって、神経症(トラウマ)に陥ってしまうわけです。

(参考)→「あなたの苦しみはモラハラのせいかも?<ハラスメント>とは何か

 

例えば、親が虐待する、友人が裏切る、 ということも、「親≒安全基地」というメッセージと、「虐待」が矛盾をきたす、「友人≒仲間」というメッセージと、「裏切り」が矛盾をきたして、実際の行為以上のダメージを私たちにもたらします。
特殊なことではなく、ある意味世の中はダブルバインドだらけです。

 ベイトソンは、ダブルバインドの発見を通じて「世の中が二階建てになっていますよ」ということを見出した、といえます。

 

 

 

世の中が二階建て構造であることを身に着けるためには、安定した愛着を背景にして、“親”の導きを得ながら、社会でもまれていく必要があります。“親”というのは必ずしも生みの親とは限りません。親方、先輩などいわゆる育ての親です。
一階部分では、「攻撃」や「裏切り」といった邪念も相手から飛んできます。それらをそういうものだ、とあたかも自然科学者が自然を見るようにいなしながらノイズを中和して、そのうえで二階部分で他者とやり取りをする。
二階部分とは、「信頼」や「愛情」ということです。

 二層にわけることで傷つくこともなく、社会と付き合えるようになります。
昔は、“仕事”が日常のあちらこちらにありました。
そのために、仕事の技能を通じて、二階建てをクリアする方法を学んだものです。

 

例えば、商人は、人間のややこしい部分も知りながらも、それら(一階部分)を中和する世の仕組みを学び
そのうえで、「信頼」で商売を発展していきました。
そうしたことを知らない人は最初からきれいごとのみで仕組みを知らずにいては、手痛い目にあってしまいます。
職人もそうです。技術が一階部分で中和する役目をはたして、二階部分を築く役割をしていました。
(もっとベタに言えば、親方や兄弟子、客や卸先との邪念も交えたやり取りも、技術を通じたコミュニケーションが
中和してくれたといえます。)

 

消費社会で、かつ非定型な仕事が増えた現在では、“仕事”も私たちを守ってくれにくくなっているといえます。

(参考)→「あなたが生きづらいのはなぜ?<生きづらさ>の原因と克服

 

 

 

●よろしければ、こちらもご覧ください。

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター公式ホームページ

お悩みの原因や解決方法について

 

世の中は”二階建て”になっている。

 

私たちが、世の中で耳にする道徳律として、
「良いことをすれば返ってくる」
「誠実でなければならない」
「自分よりも相手を優先しなければならない」
などがあります。

こうしたことは実現できるように努めることが人として良いと教えられます。
しかし、なかなかそうはいかずに、要領の良い人が結果として得をしたりすることがあります。

道徳律をなぞるように頑張るのですが、うまくいきません。相手に出し抜かれたり、自分だけ損をしたり、誤解されて悔しい思いをしたりします。周りから見れば馬鹿正直で、わきが甘い、と思われることばかりしてしまいます。

なぜでしょうか?
これはトラウマを負った人は裏ルールが分からない、ことに起因します。

 

 

 実は、世の中の二階建てになっているのです。

二階建てとは、一階部分と二階部分に分かれているということです。

 世の中の一階部分は、負の感情や力関係、ノイズなどの世界です。
人間は、嫉妬や不安、見栄、劣等感や自己優越感、所有欲、権力欲といったさまざまな感情を持つ生き物です。
頭には邪念が浮かびノイズが飛び交っています。

こうした中で、ノイズを中和し、他者と適切な距離を保ち、時に不適切な関係は選別して、自分を守りながら、コミュニケーションを確立します。国でいえばさながら国境、警備隊、の役割の世界です。

そして、安全を確保したうえで、二階の部分を確立することができます。

 

 

 二階の部分とは、信頼、協調、正義、正直さといったことです。ここでは相手と信頼関係を結びことが大切になります。国でも信義に基づいて交易をしたり、交流を図るような部分です。
トラウマを負っていない安定型の人は、こうしたことを当たり前のこととして、成長の過程で身に着けていきます。
しかし、野暮なこととして言葉には出しません。

 
 トラウマを負った人たちは、世の中を一元的にとらえてしまっています。一元的とは、建物でいえば一階のみの平屋建てとして真に受けて理解しているということです。
トラウマを負った人は、裏ルールを学ぶ機会を回避せざるを得なかったために、身に着けていないことが多いのです。さらに、理不尽な目にあってきたために強い正義感、理想主義を持っていることも多く、一階部分のようなことは毛嫌いしてしまいます。

そのため、一階部分を確立しないまま、二階部分のみで社会と関係を取り持とうとして、衝突したり、やり込められたり、相手から支配されたりしてしまうのです。

 

 

トラウマを負った人が、裏ルールを習得する頃には、世の中がとても嫌なもの、面倒くさいものと感じられるようになってしまいます。裏ルールが分からないことは、他者とうまくつながれず孤独を感じる原因にもなるのです。

 

 

 

●よろしければ、こちらもご覧ください。

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター公式ホームページ

お悩みの原因や解決方法について

 

 

“裏ルール”が分からない

 

世の中には、表立っては表明されなかったり、あるいは当事者たちも言語化できていない“裏ルール”があります。
トラウマによるダメージを受けると、世の中の裏のルールが理解できなくなる、ということが生じます。

 
トラウマを負った人が見る世界とは、表立っての部分だけです。裏の部分が見えずに、結果として相手からやり込められたり、損をしたりしてしまいます。

 
トラウマを負っていると、自分がどこやらおかしい、根源的に間違っている、という恐れを常に持っています。
また、汚い大人(親など)を見てきていますから、そのため、清く生きたい、という願望を強く持っています。

 
成長(成熟、発達)するためには人生の経験が必要になります。例えば学校では、友達同士のもめごとや、先輩との付き合い方、といったことを身をもって経験しながら、人との距離を学んでいきます。

 

テストの前に平気で「勉強してないよ」とウソをつく同級生を見て、

グループではきれいごとを言いながら、陰口を言う同級生を見て、

部活の怖い先輩への太鼓持ちを経て、

人間の実態を知ります。
しかし、人間関係のどろどろとした“表の成熟ルート”は、恐怖を感じて通ることができません。人間の感情が大嫌いです。そのために、“回避するルート”を通ろうとしてしまいます(通らざるを得ません)。
同級生たちよりも、ピュアで、でも、大人びた(マセた)感覚があります。一時、同級生たちよりも世の中が分かったような感じがあります。

しかし、高校、大学、社会人と進むにつれて反転してきます。人とうまく付き合えなくなるのです。

なぜなら、“裏ルール”が分からないからです。
実際の世界とはかなり違うのです。
戻って裏ルールを体得しようとしても、今度は、過緊張、過剰適応といった、身体的な失調が邪魔をします。
人と接しても、自然体でいることができずに、人の輪の中に入っていくことができなくなるのです。
すると、さらに、人との関係を回避して、実際の世界とは遠ざかって行ってしまい、孤独を感じるようになるのです。

 

 

●よろしければ、こちらもご覧ください。

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター公式ホームページ

お悩みの原因や解決方法について