日常の安定とは“つまらないもの”


 

 トラウマを負っていると、いつもどこか生きづらさを感じています。居場所がない感覚。どこかに落ち着ける場所を求めています。
 
 身体から説明すると、コルチゾール(ストレスホルモン)の値が高く、テンションのコントロールができないため、自然体という感覚、リラックスしている、という感覚が乏しいために、たとえ家にいたとしてもリラックスできないのです。

 

 また、つまらないと思っているのは、「本来の日常とはエキサイティングであるはずだ」と思わされてきたから。
実際、養育環境で接した日常が、夫婦喧嘩、親の不安定さなど異常ながら、確かにエキサイティングであったため。一方、厭世的で日常は無味乾燥で意味がないというものだという間違ったメッセージにも接してきたためです。

 テストで良い点を取った、ちょっとしたお手伝いをした、といった日常でのちょっとしたことに対して肯定的なコメントがない。家族で外出をしたら文句ばっかり、喧嘩ばかり。親戚同士でも悪口。親が自分の満たされなかった人生や世の中の不満を述べる。

 

 日常が無味乾燥でつまらないものと感じるのも当然です。
 そこを超えるのは、エキサイティングな体験にアクロバットに飛躍するしかない、と感じるのも無理はありません。

 

 エキサイティングなことはそうそうありませんから、苦しさを抑えリラックスするためには、何か刺激が必要になる。

 人によっては、アルコールとか、
 別のケースではSEXとか、
 ギャンブルとか、
 あってはいけませんが薬物とか、

 ある程度のところまでテンションを持って行かないと落ちない。

(参考)→「依存症(アルコール等)とは何か?真の原因と克服に必要な6つのこと

 

 

 そうした人からすると、日常はつまらない、と感じてしまう。ハワイなど海外リゾートにでもいるのでなければリラックスできない。お祭りでもないとつまらない。

 

 ただ、その感覚というのは実はとても不健康な感覚です。リゾートにでも行かなければリラックスできない、というのはストレス(トラウマ)を負った心身の失調で、健康な状態であればテンションのコントロールを日常の中で自然に体がしてくれるものです。

 

 海外などに行かないとリフレッシュできないビジネスマンも、企業戦士としてかなりトラウマを負っているかもしれません。

 トラウマのない人、安定型愛着の方は、どんなふうに感じるかというと、日常の何気ないものにじんわりと安心や幸福を感じることができます。

 

 日常の安定とはつまらないものです。ただ、そのつまらないものこそが良い。そこにこそ幸福がある。そうした感覚があります。

 

 

 「いや、それは凡人の感覚で、自分は特別な才能があるから、常に刺激を求めるのだ」と、もし思っているとしたら、その方はおそらく「パーソナリティ障害かもしれない」と診断されます。 
 自己イメージが肥大化している。世の中をニュートラルには把握できないわけですから。

 

 もちろん、それで実際に活躍、成功できる人はいて、経営者や芸能人にはそういう方は少なくありません。
トランプ大統領などは極端な例かもしれません。
 

 最初の出発が、不安定な刺激を求めるスタイルであったとしても、途中からシフトチェンジして、成熟、安定していく必要があります。

 トラウマがケアされていくと、徐々に日常の“つまらなさ”に幸福を感じられるようになります。物事をありのままにとらえられるようになってくる。その中にじんわりと本質をつかむことができるようにもなる。

 

 日常の安定とは平凡でつまらないものですが、つまらなさがなければ安定もないし、その安定の土台がなければ、高い建物は立たない。エキサイティングなものに目指す安定、幸せはない。

 

 トラウマから抜け出すためには、大きな理想ではなく、日常の本当の姿に目を向けてみる。日常とは何か?と考えてみる。

 

 エキサイティングなものを求めずに、つまらなさに浸ってみる、すると、これが日常というものが映画のセットのようなハリボテだと感じさせられていただけで、一生をかかっても捉えきれないくらいに奥深く、豊かなものだと感じられるようになってきます。

 

 

(参考)→「トラウマ、PTSDとは何か?あなたの悩みの根本原因と克服

 

 

●よろしければ、こちらもご覧ください。

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター公式ホームページ

お悩みの原因や解決方法について